クレベリンって赤ちゃんでも大丈夫なの?安全性と妊婦への影響とは?

こんにちは。YUUです。

突然ですが、あなたは「クレベリン」という商品をご存知でしょうか?

毎年、この時期はノロウイルスやインフルエンザが猛威を振るっている時期ですが、今年も各地で多くの報告されていますね。

そんな中、この時期にはどこのドラッグストアでも販売されているクレベリンについては「赤ちゃんでも大丈夫なの?」とか「妊婦への影響とは?」とかの噂も聞きますが、その辺についてをぶっちゃけどうなのかなどを書いていこうかと思います。

なのでこれからクレベリンを買おうと思っている人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

そもそもクレベリンとはなんぞ?

まずは簡単にクレベリンについて説明していきます。

クレベリンとは正露丸でお馴染みの「大幸薬品」から販売している「ウイルス・細菌の働きを低下させる効果が期待出来る商品」です。

クレベリンには二酸化塩素分子が主成分として含まれており、この分子により空気中のウイルス・細菌とくっついて酸化させる事で働きを低下させるという仕組みになっているみたいですね。

この除菌効果については公式サイトでは、

6畳程度の閉鎖空間で二酸化塩素(0.01ppm)により浮遊ウイルスの一種を180分間で99%除去、浮遊菌の一種を120分間で99%除去することを確認。(日本防菌防黴学会 第41回年次大会発表(東京、2014) ])(参考:大幸薬品

と書かれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空間除菌・消臭ゲル クレベリンG 室内空間用 150g
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/12/30時点)

クレベリンって赤ちゃんでも大丈夫なの?

そんなクレベリンについて調べてみると

「クレベリンを使う事により「頭痛」「咳」「喉の痛み」などの症状が出た!」

という噂があり、特に免疫力が弱い赤ちゃんがいるところでも使って大丈夫なのか?という不安を持っている人も多いみたいですね。

しかし現在のところ、クレベリンは赤ちゃんも含めて人体に問題はないとされており、僕が調べたところでも今までに大きな健康問題があったという報告は確認出来ていません。

クレベリンの副作用と効果についてはこちらの記事で詳しく説明していますので合わせて見てみてください。

クレベリンの副作用がヤバイ!?効果なしって聞くけどぶっちゃけどうなの?

ただし、クレベリンの注意書きにも「幼児の手の届くところには置いたり保管しない」と書いてあり、万が一、口にしてしまったりする可能性もあるので赤ちゃんの手の届かないところに置くようにした方が良さそうですね。

それでも赤ちゃんの体調に異常が見られる場合にはクレベリンの使用をすぐに中止して様子を見るようにしてください。

安全性と妊婦への影響とは?

また、クレベリンの安全性については赤ちゃんと同様に「妊婦が使用しても大丈夫なのか?」という疑問の声を聞きます。

こちらについても僕が調べたところでは妊婦の方も特に問題があるという事はなく、クレベリンを使用して体調に異常が見られる場合にはすぐに使用を中止して様子を見るようにしてください。

赤ちゃんや妊婦でも安全な除菌スプレーとは?

冒頭でも書きましたが、冬の時期にはノロウイルスやインフルエンザなどの流行性ウイルスや空気が乾燥していて風邪になりやすく、予防対策としてクレベリンのようなウイルスや細菌の働きを低下させてくれる効果が期待出来る商品を利用している人もいると思います。

しかし、中には「クレベリンだと赤ちゃんや妊婦の安全性に不安があるのではないか?」と考えている人もいるでしょう。

そんな人には赤ちゃんやペットがいる場所でも使用出来る「チャーミスト」がおすすめです。

このチャーミストは現在でも乳幼児が多い保育園や幼稚園でも使われており、ただウイルスを除去するだけではなくて無味無臭で赤ちゃんが万が一、口に入れても大丈夫だと公表しています。

また、ノロウイルスやインフルエンザウイルスなどのように流行性ウイルスにも高い効果が期待出来るところもおすすめですね。

チャーミストについてはこちらの記事でも詳しく説明していますので合わせて見てみてください。

チャーミストの口コミと評判レビュー!ノロウィルス効果について調べてみた!

まとめ

今回は「クレベリンって赤ちゃんでも大丈夫なの?安全性と妊婦への影響とは?」について書いてみました。

クレベリンは有名な商品なので多くの人が利用していますが、その効果と安全性については色々な噂も耳にします。

なので、クレベリンを既に使っていて不安がある場合には先ほども紹介した「チャーミスト」を一度、使ってみる事をおすすめしますよ。