甘酒のダイエット方法が凄い!効果的な飲み方はいつどのタイミングか紹介!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは甘酒の効果的な飲み方をご存知でしょうか?

先日「あさイチ」でも放送されたお正月に飲むあの甘酒には実は高いダイエットや美容効果があるといわれているんですね。

そして実際に女優の檀れいさんやモデルの平子理沙さんなども愛用しており、かなり効果も期待が出来そうです!

そんな甘酒のダイエットや美容効果について紹介していきますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも甘酒とはなんぞ?

まずは簡単に甘酒について紹介していきます。

甘酒とは「飲む点滴」と呼ばれるくらいに高い栄養価を持つ飲み物であり「米麹」と「酒粕」の2種類の原材料でそれぞれ作られるものをいいます。

ちなみにこの「米麹」と「酒粕」で作る甘酒ではその作り方も大きく違い、

米麹:水と米麹と米を醗酵させる
酒粕:水でといで煮詰める

というもので、米麹の場合には米が本来持っているブドウ糖により自然と甘さが生じますが、酒粕の場合にはそれ自体は味が特にないので砂糖を足して味付けをしています。

なので米麹による甘酒は「砂糖を足さずにノンアルコール」で酒粕による「甘酒は砂糖を足してアルコールが含まれている」という違いもあります。

僕もこの違いを知らない時には「甘酒って2種類あるけど何が違うんだ?」と頭をよく悩ませていましたね^^;

どちらも甘酒としては美味しいのですが、ダイエットなどの健康効果が期待出来て人気があるのは米麹による甘酒です。

やはり砂糖を足さずに自然な甘さで美味しく飲む事が出来る事から人気みたいですね。

甘酒ダイエット方法が凄い!

さてここからは甘酒の具体的な効果について紹介していきます。

1:美肌効果

甘酒には豊富なビタミンB群が含まれており、その中のビタミンB2には肌の活性化効果が期待出来るといわれています。

他にも肌や髪を作る元となる必須アミノ酸も含んでおり、これから冬も本格化してきてお肌の乾燥などが気になる時期になってきますが、これらの成分を含んだ甘酒を飲む事で肌の乾燥を防ぎやすくなる効果が期待出来ますので寒い時には甘酒を飲むといいですね。

2:便秘改善効果

甘酒にはオリゴ糖と呼ばれる腸内環境を整える善玉菌の餌になるものが豊富に含まれています。

さらに食物繊維も同時に摂る事が出来る事から腸内環境が整えられて便通も改善されるというわけですね。

先日のテレビ放送では甘酒を飲むだけで今まで4日に一度程度だった人も毎日、出る程の便通改善効果が報告されていたのでかなり期待出来そうです。

こちらの記事では詳しく便秘改善について説明していますので合わせて見てみてください。

便通改善の裏技は野菜と果物ってマジ?青汁が効果的な飲み物の理由はこれ!

3:ダイエット効果

甘酒にはブドウ糖が含まれているので飲む事で血糖値が上昇して満腹感を得る事が出来ます。

なので食事量をいつもよりも減らしても無理が生じにくくなるんですね。

しかも甘酒自体のカロリーは100gで80kcal程度の低カロリーなのでダイエット効果が期待出来ます。

また、他にも甘酒には先ほども話した通りにがビタミンB群が含まれており、このビタミンB群には脂質の代謝を促進して脂肪を燃焼させる効果がある事からダイエットに効果があるといわれているんですね。

4:疲労回復効果

甘酒にはダイエットや美容以外にも疲労回復効果も期待出来るといわれています。

これは先ほども話した「飲む点滴」と呼ばれる理由でもあり、甘酒に含まれる豊富なアミノ酸が体内の疲労回復を促してくれるからのようですね。

また、他にも肉体以外に精神的にもストレスを軽減させるパントテンなどのアミノ酸も含まれているので、リラックス効果も効果が期待出来ます。

ちなみにここまで紹介してきた甘酒の「美肌」「便秘改善」「ダイエット」「疲労回復」などの効果については青汁でも高い効果が期待出来ますので、甘酒だけでなくて青汁にも興味がありましたらこちらの記事では僕が実際に飲んだ青汁についてランキング形式で書いていますので合わせて見てみてください。

市販の青汁でおすすめランキング!美味しいので効果が高いのはこれ!

甘酒の効果的な飲み方はいつどのタイミング?

甘酒には多様な効果があるといわれていますが、飲むタイミングによって効果も若干、変わってきます。

1:ダイエット目的

ダイエット目的で飲む場合には朝から飲むのがおすすめされています。

これは朝から飲む事で身体の基礎代謝を促進する目的があるといわれており、この辺は青汁と同様みたいですね。

青汁を飲む時間帯で効果率が全然違う!?吸収されないってマジなの?

2:疲労回復目的

疲労回復目的で飲む場合には夜、寝る前に飲むのがおすすめされています。

これは先ほども紹介しました甘酒の疲労回復効果にある「リラックス効果」が関係してきます。

僕たちは夜、寝る時には自律神経の副交感神経というリラックスしている時に活性化する神経の働きが重要になってきます。

というのも寝る時に身体や精神が興奮状態にあるとなかなかリラックス出来ずに眠る事が出来ないですよね。

そんな興奮状態を治めてくれる効果が甘酒には期待出来るので、気持ちよく睡眠を摂って疲労回復を促す事が出来るんです。

ただしこの時に気をつける事としてはあくまでこの時に飲む甘酒は米麹が原材料のものであり、酒粕が原材料の場合にはアルコールが若干、含まれているので逆に興奮状態になってしまう可能性もありますので注意してみてください^^;

まとめ

今回は「甘酒のダイエット方法が凄い!効果的な飲み方はいつどのタイミングか紹介!」という事で書いてみました。

今までなんとなくお正月には甘酒を飲んでいましたが、まさかこんなに高い効果があるとは思いもしませんでした^^:

甘酒と聞くと甘ったるい味から砂糖がいっぱいで身体に悪いというイメージを持っていた人もいると思いますが、むしろ逆にダイエット効果まで期待出来ますので今年の年末年始にはぜひ、飲んでみてはいかがでしょうか。