極みの青汁(サントリー)の口コミと評判レビュー!栄養成分と味についても!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回はあの飲料メーカーとしてお馴染みのサントリーが販売している「極みの青汁」を実際に僕が飲んだ感想を書いていきます。

以前の「神仙桑抹茶ゴールド」のレビュー記事で「1億杯も売れている青汁はそうそうない!」と話していましたが、実はこの極みの青汁も販売実績1億杯以上であり、なんと2商品連続で1億杯以上の実績を持つレビュー記事を書く事になるとは僕もまったく予想していませんでした^^;

その時の「神仙桑抹茶ゴールド」の記事はこちらから見ることが出来ます。

ですが、本当に1億杯以上の実績を持つ青汁ってなかなかないので、この極みの青汁もきっとそれだけ売れる秘密があるんだと思います。

そんな極みの青汁は果たしてどんな味がするのがをありのままに書いていきますので、これから買おうか迷っている人はぜひ、参考にしてみてください。

そもそも極みの青汁とはなんぞ?

まずは簡単に極みの青汁について説明していきます。

極みの青汁の特徴としては、

1億杯販売の実績
お客様満足度97%&継続意向度99%
おいしさと安全・安心のサントリー品質

などがあります。

1:1億杯販売の実績

まずは1億杯販売という数字による実績です。

こちらについては以前に紹介した「神仙桑抹茶ゴールド」の記事でも同様の事を書いており、今までに何種類も青汁を飲んできて各青汁の特徴についてこのブログでも紹介してきましたが、1億杯販売というものは極みの青汁以外に青汁業界の中でもほとんどないのではないかという程に圧倒的な実績だと思います。

実績が優れているものが必ずしも本当にいいものだとはいえないですが、やはりこれだけ圧倒的な実績を持っているという事はそれだけ多くの人に選ばれる理由があるんだと思うんですね。

また、神仙桑抹茶ゴールドでは全額返金を前面に出していましたが、極みの青汁では神仙桑抹茶ゴールドのように全額返金については書かれていません。

しかし、定期コースでは解約や変更に制限がありませんので、多くの青汁の定期コースのように「解約には最低何ヶ月以上契約が必要」などの決まりもなく、もしも口に合わなかったりした場合にはすぐに解約をしても大丈夫なところは青汁初心者でも安心して購入する事が出来るのでいいと思いますね。

2:お客様満足度97%&継続意向度99%

極みの青汁では2013年に定期購入者へのアンケートにより、お客様満足度97%&継続意向度99%という驚異的な数字を出しています。

対象が定期購入者だという事からある程度、数字が高くなりがちなのも理解は出来ますが、それにしてもこのほとんど100%近い数字というものはさすがだと思いますね。

このような結果になったのは次に紹介する「おいしさと安全・安心のサントリー品質」が大きく関係してくるんでしょうね。

3:おいしさと安全・安心のサントリー品質

極みの青汁は飲料メーカーのサントリーが販売しているものであり、そこには飲料メーカーとしてのこだわりが詰められています。

それは原材料へのこだわりだけではなく、利用者が長く飲み続けられるように味へのこだわりにも含まれており、その結果として先ほど紹介した「お客様満足度97%&継続意向度99%」というものにつながったんだと思います。

極みの青汁の口コミと評判とは?

極みの青汁の販売ページには

「飲みやすいのでいつも持ち歩いています」
「野菜不足を補えるので重宝しています」
「毎朝、爽やかな気分で起きています」
「快い気持ちで運動でき、食事も美味しくなりました」

などと効果と味の両方について書かれていますね。

また、僕なりにネット上で口コミや評判を調べても特に悪い評判はなく、ツイッター上で「極みの青汁」と検索すると、

などと良い評価の内容が目に止まりましたね。

極みの青汁の栄養成分とは?

原材料:大麦若葉末・マルチトール・フラクトオリゴ糖・ガラクトマンナン(食物繊維)・明日葉末・抹茶・煎茶・・醗酵処理ルチン

極みの青汁では熊本県阿蘇山産の大麦若葉、鹿児島県屋久島産の明日葉などのサントリーが厳選した国産品質の素材のみを使っています。

そして具体的には大麦若葉はレタスの約5倍の食物繊維量、明日葉はほうれん草に負けない栄養バランスでニンジンの約5倍のビタミンEを摂る事が出来るんですね。

また、サントリーのこだわりとしてポリフェノールの吸収力が従来の約120倍の「ケルセチンプラス」が入っています。

ケルセチンプラスとは玉ねぎやブロッコリーに含まれるポリフェノールの一種である「ケルセチン」はそのままでは吸収されにくいという点を改善する為にケルセチンと糖を結合させたものであり、ケルセチンプラスを配合する事で野菜の力を効率的に身体に吸収させる青汁がこの極みの青汁という事なんですね。

極みの青汁の味とは?

極みの青汁では飲料メーカーであるサントリーが

「毎日おいしく、野菜不足を補いたい方へ」

という事で宇治煎茶と愛知県産抹茶を使い、お茶代わりに飲める青汁を目指して出来た青汁です。

僕も今までこのブログでは「味がまずいと長続きしないから特に大事!」だと話してきましたし、原材料だけではなくて味についてもきちんと考えられているのはさすがだと思います。

具体的な味の感想については次のレビュー部分で紹介しますので、このまま読み進めてください。

極みの青汁を飲んでみたレビュー!

極みの青汁は通常サイズなら30包入りで3600円で販売されています。

今回、僕はたまたま極みの青汁を定期購入している方からいくつか譲ってもらえました。

img_0281 img_0282

袋から小皿に出してみると細かい粉がドバッと出てきてしまい、思った以上の量の多さに驚きました。

今までの青汁は内容量3gが多かったですが、この極みの青汁については3.3gとなっており、数字で感じる以上に量を多く感じましたね^^;

ちなみにこの時は若干、抹茶の香りがしましたね。

img_0283

今回はいつも通りの飲み方で水150ccに溶かしてみました。

見た目の色としてはそこまで濃いわけでもなく、通常の青汁の色でしたね。

そして実際に口にしてみた感想としては、

「青汁のえぐみも苦みもなくて普通に抹茶として飲める!」

という感じでした。

極みの青汁は販売ページに書いてある通り、青汁のえぐみとか苦みも一切ないので青汁にしては非常に飲みやすかったです。

僕は今までにいくつも青汁を飲んできましたが、極みの青汁は普通の抹茶の味しかしないので、こんなに青汁らしくない青汁というものは神仙桑抹茶ゴールドに続いて2つ目だと思います。

僕が実際に今まで飲んできた体験からランキング形式で紹介しているものも参考に見てみてください。

「市販の青汁でおすすめランキング!美味しいので効果が高いのはこれ!」の記事はこちらから。

まとめ

今回は「極みの青汁(サントリー)の口コミと評判レビュー!栄養成分と味についても!」という疑問について実際に僕が飲んでみた感想をそのまま書いてみました。

正直、味も栄養も文句はない商品であり、お値段的にもお手ごろだと思いますので、おすすめしますよ。

「極みの青汁」の詳細を公式サイトで確認してみる。