花粉症2017年のピークと時期はいつまで?飛散量と対策もチェック!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は「花粉症2017年のピークと時期はいつまで?」という事について書いていきます。

実は僕も毎年、スギ花粉症に悩まされている人間であり、本格的に飛散が始まるのは春からだといわれてはいるものの春前から花粉情報がついつい気になっちゃうんですよね^^;

そこで僕と同じように2017年のスギ花粉症が気になる人はぜひ、参考にしてみて下さい。

花粉症2017年のピークと時期はいつまで?

花粉症といえば4月から症状が出始めるというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実はスギ花粉の飛散は2月から既に始まっており、地域により若干の違いはあるものの飛散のピークは2~3月が特に多い時期だといわれています。

ちなみに関東地方では他の地域よりもピークが1月長い2~4月が特に多い時期となっており、この時期だけは関東に住んでいる事がちょっと損している気分になりますね^^;

そして2017年の花粉のピーク飛散時期は

東北地方:2月下旬~4月中旬
関東地方:2月中旬~4月中旬
東海地方:2月下旬~3月中旬
関西地方:2月下旬~4月上旬
九州地方:2月中旬~3月中旬

だと予想がされています。

北海道と沖縄についてはそもそもスギがない為にスギ花粉症に悩むという事がないそうです。

また、たまに「1年中、スギ花粉に悩んでいる」という話を聞きますが、これはスギ花粉が北海道と沖縄以外ではほとんど1年中、量の違いはあれど飛散しているからであり、特に敏感な人はピーク以外でも花粉症の症状が出る事は普通にありえます。

花粉症2017年の飛散量とは?

さてそんな2017年の花粉の飛散量は前年と比較してみて多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

花粉の飛散量についてはこちらで図で解説してます。

こちらのサイトでは2017年の花粉の飛散量の予測と前年比を解説していますが、どうやら図を見てみると前年比についてはいずれの地域でもほとんど同じくらいのようですが、2017年の予想飛散量が東日本は総じて少なく、西日本に多いように見えますね。

花粉の飛散量というものは前年夏の「気温」「日照時間」「降水量」などの気象条件が大きく関わってきます。

これは夏に気温が高く、日照時間が長く、雨の少ない夏は花芽が多く出来る為に次の年の春の飛散量が多くなるという事からです。

そういう点で考えてみると2017年の場合には、

気温:東日本、西日本で気温が高く、北日本では平年並み
日照時間:関東・中国地方は平年並みであるもののそれ以外では多い
降水量:北海道では台風の影響から多くなったもののそれ以外では平年並み

となっており、西日本の飛散量が前年度よりも多くなるというのも頷けます。

また、過去10年間の飛散量と比較した場合には東北地方を除くほとんどの地域で例年よりもやや多いともいわれていますので合わせて抑えてみてください。

花粉症2017年の対策とは?

1:マスク

花粉症予防といえばまず、マスクが思い浮かびますよね。

ドラッグストアでも特に花粉症の時期にはマスクの種類を多めにしており、おすすめの商品については視認性が高い所に展開をしています。

なのでとりあえず迷ったらお店の推奨しているマスクを購入してみる事をおすすめします。

ちなみに僕の場合には毎年、50枚入りで500円前後で販売されいているものを使っていますね。

2:薬

花粉症の時期には特に鼻炎用の薬が売れる時期であり、市販薬では「アレグラ」「アレジオン」などが花粉症用鼻炎薬として有名ですね。

アレグラについては去年までは薬剤師がいないと販売出来なかったものでしたが、今年から薬剤師が不在でも販売が出来るようになって日曜日や祝日でもドラッグストアで気軽に購入出来ますので安心してください。

3:メガネ

花粉症対策用のメガネを利用する事で物理的に花粉症との接触を防ぐ事で症状を緩和する事が期待出来ます。

4:洗顔・うがい

花粉症の飛散ピーク時期には少し外出するだけでも顔や鼻の中にもたくさんの花粉が付着してしまいますので、外から帰ったらまずは洗顔・うがいをするだけでも症状を緩和する事が期待出来ます。

5:衣類を払う、洗う

こちらも4同様に洗濯物として外に干していたり、外出時に着ていた衣類には花粉が付着してしまいますので、手で払うようにするだけでも家に花粉を持ち込まないのと症状を緩和する事が期待出来ます。

花粉症2017年に青汁がおすすめの理由とは?

花粉症対策の食べ物の1つに青汁があります。

そもそも花粉症とはスギやヒノキの花粉によるアレルギー性の疾患であり、花粉が目や鼻の粘膜に触れる事で鼻水・目のかゆみ・くしゃみといったものが起こるんですね。

そしてアレルギー反応には遺伝的な要素が大きく関わってきますが、実際に発症する事についてはストレスや食生活などの普段の生活習慣も大きく関わってくるといわれているので、青汁を摂る事で免疫力を向上させて症状を緩和させる事が期待出来ます。

具体的には青汁を飲む事で「豊富なビタミンとミネラル」「腸内環境の整備」という花粉症を抑える効果が期待出来ます。

1:豊富なビタミンとミネラル

青汁に含まれている「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」「亜鉛」などは身体の免疫力を高めて花粉症の症状を抑える効果が期待出来ます。

2:腸内環境の整備

青汁にはビタミンとミネラル以外にも豊富な食物繊維を含んでおり、これらは腸内環境を整備する効果が期待出来ます。

アレルギーは腸の影響を大きく受けるといわれており、食物繊維により善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を減らすと同時に腸内の老廃物などを体外に排出する事で腸からの栄養の吸収を促して免疫力を高める効果が期待で期待出来ます。

花粉症2017年におすすめの青汁とは?

さてそんな青汁についてはたくさんの種類があり「いったいどの青汁を飲むのが一番、花粉症に効果的だろうか?」と思うかもしれません。

実際に僕も始めて青汁を買う時にはかなり慎重になって商品の選定をしましたからね。

なので「青汁購入で失敗したくない!」と思うのはわかりますが、青汁にも色々な種類があり、

成分
値段
製法
原材料

なども全然、違ってきます。

なのでもしも既にあなたが特定のメーカーの商品を希望していたり、効能効果とか原材料とかをある程度、決めている場合には商品パッケージにそれらが書いてある商品をそのまま購入すればいいと思います。

しかし、あなたが青汁初心者でとりあえず健康の為に飲み始めたいと思っているのなら僕は「藻のすごい青汁」をおすすめします。

この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「花粉症2017年のピークと時期はいつまで?飛散量と対策もチェック!」について話してみました。

花粉症のピークは実は2月からだという事を知って早くから青汁を飲んで対策をしておけば、本格的なシーズンになっても例年よりも症状を軽く出来ると思いますのでおすすめします。

僕も今年は青汁を飲んで花粉症を乗り切りたいと思いますので一緒に頑張りましょう!