口唇ヘルペスのかさぶたの治し方!うつる経路と潜伏期間をチェック!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは口唇ヘルペスについて悩んだ事はありませんか?

口唇ヘルペスといえばある日、突然に口周りに赤くピリピリする水ぶくれが大量発生してしまい、パッと見でも周囲からわかってしまうのが困るんですよねぇ^^;

今回はそんな口唇ヘルペスについて説明していきますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも口唇ヘルペスとはなんぞ?

まずは簡単に口唇ヘルペスについて説明していきます。

口唇ヘルペスとは「単純ヘルペスウィルス感染症の1つであり、唇に出来る水ぶくれ」をいいます。

口唇ヘルペスのかさぶたの治し方!

口唇ヘルペスは水ぶくれが出来てから1~2週間程度で回復期になり、かさぶたを作り始めます。

このかさぶたが出来れば、口唇ヘルペスは水ぶくれ状態の時と異なり、うつる事はないのでひとまず安心です。

しかし、ここで注意が必要なのが「口唇ヘルペスの内側にはまだウィルスが残っている」という事ですね。

なので口唇ヘルペスのかさぶたを破ってしまうとウィルスがうつってしまう可能性がありますので、完全に乾燥するまでは触らないようにしましょう。

また、かさぶたってついつい気になっちゃって剥がしたくなるものですが、先ほども話したとおりにかさぶたの裏側にはまだまだウィルスが残っており、無理に剥がそうとすると傷跡が残ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

口唇ヘルペスのかさぶたの治し方としては「自然と剥がれ落ちるのを待つ事」が一番であり、無理に剥がさないようにしましょうね。

口唇ヘルペスのうつる経路とは?

口唇ヘルペスは感染力が強く、うつる経路としては

「キス」
「タオル」
「グラス」

などが代表的であり、人から人への直接接触以外にも口唇ヘルペスウィルスがついたタオルやグラスなどからでもうつる経路になるので注意が必要です。

なので身近に口唇ヘルペスになった人がいる場合には

1:完治するまでは直接接触を避けるようにマスクなどをつける
2:ウィルスと接触した可能性がある場合にはすぐに手洗いをする
3:タオルや食器はきれいに洗う

などの対策を行なう事で周囲への感染拡大を防ぐ事が出来ますので参考にしてみて下さい。

口唇ヘルペスの潜伏期間をチェック!

口唇ヘルペスは感染してから完治するまでに各段階を経て2週間ほどで治るといわれています。

完治するまでの各段階としては、

1:患部がピクピク・チクチク・ムズムズする
2:自覚症状が出てから赤く腫れてくる
3:赤く腫れた部分に水ぶくれが出来る
4:2週間ほどでかさぶたが出来て治る

となっており、2番目の「自覚症状が出てから赤く腫れてくる」の段階で治療を行なう事が効果的だといわれています。

口唇ヘルペスの治し方は?

口唇ヘルペスの治し方としては

「口唇ヘルペスを舐めない」
「口唇ヘルペスを触らない」
「口唇ヘルペスの人とタオルや食器を共有しない」
「抗ウィルス薬を使う」

などの方法があります。

ちなみに口唇ヘルペスの市販薬として評判が高い「ヘルペシアクリーム」という商品については法律の問題から薬剤師でないと販売出来ないものであり、日曜日や祝日は薬剤師が不在の場合がありますので注意した方がいいですね。

また、口唇ヘルペスといえば「完治しない」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?

口唇ヘルペスはヘルペスウィルスが原因で発症しますが、このヘルペスウィルスは一度、感染すると神経細胞に隠れ潜んでしまう潜伏期間があります。

なので現在では口唇ヘルペスウィルスの増殖を抑える薬はありますが、ウィルス自体を倒すものがないので表面的に症状が治まっても存在はしているという事から完治しないといわれているんですね。

しかし、人の身体には免疫機能というものがあり、初期感染時に比べて程度を抑える事が出来ますので再発防止もしやすくなるので体調管理などには気をつけるようにしましょう。

口唇ヘルペスに青汁がおすすめの理由とは?

口唇ヘルペスには先ほど紹介した治し方が重要になってきますが、ここではさらに合わせて青汁を飲む事をおすすめします。

というのも青汁には豊富なビタミンとミネラルを含んでおり、その中には口唇ヘルペスに効果的な「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」も入っているんですね。

これらは本来なら通常の食事で生野菜を食べる事で摂取出来ればいいのですが、平成25年に厚生労働省が公開したデータでは国が推奨する1日の摂取目標量である120gに20代~60代のいずれの世代でも野菜摂取量が届いていないという結果が出ました。

特にその中でも20代は61g程度しかなく、なんと約半分しか摂っていない事になります。

という事は口唇ヘルペスを治す為にもまず目指すべく国が推奨する摂取量を達成するには今の2倍は野菜を食べないといけないという事になりますね・・・・

ちなみに僕はお腹の容量とサラダを作る手間と野菜の料金を考えたら、ちょっと無理そうな気がします^^;

そこで僕の場合は現在、青汁を飲む事で1日に必要な野菜摂取量を摂る事にしました。

青汁ならば時間をかけずに一杯飲むだけで済みますので、忙しい社会人でも簡単に野菜を摂る事が出来ますからね。

口唇ヘルペスにおすすめの青汁とは?

さてそんな青汁についてはたくさんの種類があり「いったいどの青汁を飲むのが一番、口唇ヘルペスに効果的だろうか?」と思うかもしれません。

実際に僕も始めて青汁を買う時にはかなり慎重になって商品の選定をしましたからね。

なので「青汁購入で失敗したくない!」と思うのはわかりますが、青汁にも色々な種類があり、

成分
値段
製法
原材料

なども全然、違ってきます。

なのでもしも既にあなたが特定のメーカーの商品を希望していたり、効能効果とか原材料とかをある程度、決めている場合には商品パッケージにそれらが書いてある商品をそのまま購入すればいいと思います。

しかし、あなたが青汁初心者でとりあえず健康の為に飲み始めたいと思っているのなら僕は「藻のすごい青汁」をおすすめします。

この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「口唇ヘルペスのかさぶたの治し方!うつる経路と潜伏期間をチェック!」について書いてみました。

口唇ヘルペスは名前の通り、口周辺に出来てしまって周囲の目も気になってしまうと思いますので、発症してしまったらなるべく早く治す方法を実践するようにするといいですね。

きちんとした治し方をすれば問題なく治せるので正しい治し方を確認しましょう!