口内フローラの改善方法はココアってマジ?口すぼめ体操を超分かりやすく解説!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は11月30日放送の「ガッテン!」で放送テーマである「口内フローラ」について番組より早く紹介していこうと思います。

最近では「腸内フローラ」という言葉がすっかり話題になっていますが、口内フローラという言葉については僕もつい最近まで知りませんでした。

これからトレンドになるであろう口内フローラについてぜひ、この記事で一歩先に知ってみてください。

そもそも口内フローラとはなんぞ?

まずは簡単に「口内フローラ」について紹介していきます。

そもそも「フローラ」とは「お花畑」という意味であり、口内フローラとは名前の通り「口腔内に存在する細菌類を顕微鏡で見てみるとお花畑のように見える」という事からいわれています。

なので腸内フローラについても口内フローラと同様に「腸内の細菌類がお花畑のように見える」という意味なんですね。

そしてこの口内フローラの理想的な状態としては「赤ちゃんの口腔内」だといわれており、口腔内も腸内と同様に体にとって良い働きをする「善玉菌」と虫歯菌や歯周病菌などの様に悪い働きをする「悪玉菌」が存在し、生後間もない赤ちゃんの口腔内には善玉菌ばかりで悪玉菌がほとんどいない事から理想的だとされています。

しかしその後、赤ちゃんが成長するにつれて例えば、母乳を飲む行為では母乳内に存在するといわれている約700菌種を体に取り込む事になります。

ただし母乳の場合には既に母乳の免疫の影響から悪玉菌はいないといわれていますので悪い事はないでしょう。

他にも歯が生えてくる事によっても口腔内の状況は変わって悪玉菌も自然と生じる様になるんですね。

口内フローラが乱れるとヤバイ!?

さてそんな口内フローラは赤ちゃんの成長に伴って自然と状況も変わっていきますが、果たして口内フローラが乱れると一体、どうなってしまうのでしょうか?

1:虫歯・歯周病

口内フローラが乱れるとまず起こりやすいものとしては「虫歯」「歯周病」などがあります。

虫歯や歯周病などと聞くと僕達の割りと身近な存在である事から大したことないと思いがちですが、実は虫歯などが原因で最悪の場合には死につながる事もありえますので注意が必要です。

これは虫歯などで出来た歯茎の炎症部分から悪玉菌が血管内に侵入して血管を攻撃する事で血管内でも炎症を引き起こし、血管内の炎症を抑える為に善玉コレステロールが登場しますが、善玉のままでは炎症が抑えられない事から悪玉コレステロールに変わって悪玉菌を攻撃し始めます。

すると今度は悪玉コレステロールを抑える為に細胞が囲い込む事で血管が細くなってしまって動脈硬化を引き起こす可能性があるんですね。

また、この悪玉菌については血管内に侵入してから全身に駆け巡るまで約90秒程度だといわれており、本当にあっという間の事なんですね^^;

そして悪玉菌が全身に駆け巡る事により動脈硬化が進行すると脳卒中や心筋梗塞、脳の血管で炎症が生じると認知症や40代女性で多い関節リウマチなどを引き起こすといわれています。

2:がん・糖尿病

悪玉菌が全身を駆け巡る事により「がん」「糖尿病」の可能性が高まるともいわれています。

これはがんや糖尿病の原因が生まれながらの先天的遺伝子によるものではなく、後天的遺伝子によるものが大きく影響を与えているという説から歯周病などの慢性的な炎症が遺伝子を収縮する事でがんや糖尿病を引き起こすと明らかになっています。

どうしても虫歯や歯周病と聞くと治療を後回しにしがちですが、重篤な病気につながる可能性もありえますのでなるべく早めに治療をされる事をおすすめします。

口内フローラの改善方法とは?

口内フローラが乱れると体にとって良くないという事は分かってもらえたと思いますが「それでは口内フローラを改善するにはどうすればいいの?」という方はぜひ、これから紹介する口内フローラを改善方法を参考にしてみて下さい。

1:ココア

以前に放送された口内フローラについての番組で鶴見大学歯学部教授である花田信弘教授が改善方法として砂糖なしのココアを飲む事を紹介していました。

どうやらココアに含まれるポリフェノールなどの成分が悪玉菌を退治して善玉菌はそのまま維持する効果が期待出来るという理由からみたいですね。

しかも口内フローラの改善だけでなくて口臭予防も効果が期待出来るそうでまさしく一石二鳥というやつです^^

ただし、あくまでおすすめ出来るのはノンシュガーのものであり、糖ありだと虫歯菌の繁殖につながってしまうので注意して下さい。

2:口すぼめ体操

続いて紹介するのは「口すぼめ体操」です。

これは花田教授が番組内で紹介していた唾液分泌を促進する効果が期待出来るものであり、口内フローラを改善するのに有効な成分であるラフェクトリンやリゾチームなどの抗菌因子を含んでいる唾液を機械的刺激によって分泌させる方法になります。

ちなみに唾液は「口内のエナメル質」と呼ばれるくらいに歯の成分が含まれており、歯の再石灰化に役立つんですね。

口すぼめ運動は、

1:唇を閉じて上の前歯の歯茎に舌先を当てる
2:口を閉じたまま舌先で上下の歯茎をなぞって舌先をなぞる

というものであり、いつでも出来るものなので気軽にやってみるといいですね。

また、スマホを見る時の姿勢というものは生理学的に唾液が出にくい体勢だといわれており、さらに交感神経も刺激されてしまうので注意しましょう。

3:歯磨き

口内フローラの改善としてやはり歯磨きは非常に重要になってきます。

この時に気をつける事としては「毎日、磨く」「歯の4面を磨く」という事です。

歯の4面とは歯の表と裏と各歯の間をいい、多くの人が歯の表と裏までは歯磨きをしますが、さらに歯間もきちんと磨くと口内フローラの乱れが起こらないという実験結果も出ているのでぜひ、今まで歯間まで歯磨きをしていなかった人はしっかりとしてみるといいですね。

ちなみに次回のガッテンでは「一週間、歯を磨かなかったらどうなるか?」という実験を行なうそうですが、今まで説明したように歯磨きをしないと口内フローラが大きく乱れてしまうので虫歯・歯周病になってもおかしくないと思いますので、放送の結果が気になるところです。

4:ビタミンAとビタミンD

口内フローラを改善するにはビタミンAとビタミンDを摂取する事が推奨されています。

これはいずれのビタミンが不足しても唾液腺が萎縮してしまい、唾液量が少なくなってしまうという理由というからです。

ビタミンAとビタミンDを豊富に含んでいる食べ物としては、

ビタミンA:レバー・うなぎ・にんじん・ほうれん草
ビタミンD:きくらげ・しらす干し・イワシ

などが代表的なものですので、普段の食事から積極的に摂るようにしたいですね。

しかし、実際にこれらのビタミンが豊富に含まれている食べ物を毎日、摂るのってかなり大変だと思います。

なので、そのような場合にはビタミンAとビタミンDを豊富に含んでいてかつ簡単に摂る事が出来る青汁をおすすめします。

僕が飲んでいる「藻のすごい青汁」なら通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけで50種類以上の栄養と乳酸菌を同時に摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「口内フローラの改善方法はココアってマジ?口すぼめ体操を超分かりやすく解説!」という内容で書いてみました。

冒頭でも話しましたが、きっとこれから口内フローラも腸内フローラ同様にトレンドになると思いますのでぜひ、この記事を読んだ後でガッテンの放送も見て口内フローラの知識を今のうちに蓄えちゃいましょう!