1日1食ダイエットの若返り効果が凄い!青汁と合うし便秘改善も出来る!?

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「1日1食ダイエット」というものをご存知でしょうか?

この1日1食ダイエットについては有名芸能人では「タモリ」「京本政樹」なども行っているという事で話題になって注目をされましたね。

今回はそんな1日1食ダイエットとはどんなものかを説明していきますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも1日1食ダイエットとはなんぞ?

まずは簡単に1日1食ダイエットについて説明していきます。

1日1食ダイエットとは名前の通り「1日の食事回数を1食にして摂取カロリーを抑える方法」をいいます。

これだけ聞くとたしかに朝・昼・夜の1日3食に比べて1日の食事が1食の方が1日の摂取総カロリーが1食の方が抑えられるので自然と痩せられるというのは納得出来ます。

ちなみに似た方法として

「青汁の置き換えダイエット効果がヤバイ!?朝と夜でも安いしおすすめ!」の記事はこちらから。
「ケトジェニックダイエットの効果がヤバイ!?3つの成功方法を超わかりやすく解説!」の記事はこちらから。

なども紹介していますので一度、見てみてください。

1日1食ダイエットの若返り効果が凄い!

1日1食ダイエットが痩せられるのは理屈の上では理解出来ます。

ですが、正直な話「なんか凄く身体に悪そう」じゃないですか?

というのも一般的に僕たちは1日に朝・昼・夜の3食を摂る事が身体にいいと習ってきたし、多くの人がそれが当たり前だと考えているのに本来、3食摂るものを1食に変えたら身体に悪影響が生じて結局、リバウンドして逆に太ってしまうのではないかと疑ってしまうんですよね・・・・

しかし実はこの1日1食ダイエットはきちんとした正しい方法で行えば、むしろ3食摂るよりもダイエット効果以外にも健康や若返り効果も期待出来るといわれているんです!

これは人の身体の中には食事量が減ると活性化する「サーチュイン遺伝子」という老化や病気を食い止める遺伝子があり、この遺伝子の働きと食事量を減らす事により食べ物を消化して毒素を肝臓で処理するという負担が減って内臓への負担が少なくなる事が合わさって若返り効果が期待出来るんですね。

ちなみに先ほど「1日に朝・昼・夜の3食を摂る事が身体にいいと習ってきて」と書きましたが、実は1日3食摂る慣習は昭和10年に日本の栄養学の創始者といわれている佐伯矩博士が当時の栄養不足を憂いてそれまで1日2食が当たり前だったのを1日3食にするようにと提唱し始めたといわれています。

たしかに当時の日本の食事では1日に2食では成人男性が1日に必要な2500~2700kcalを摂る事は難しかったので、1日3食にするように提唱するのも納得出来ます。

ですが、現代社会では当時とは逆に過剰にカロリーを摂取しすぎてしまう事で肥満が問題視されているくらいであり、必ずしも3食摂らなくても1日に必要なカロリーは摂取出来るんですね^^;

藻のすごい青汁

1日1食ダイエットの方法とは?

1:少しずつ慣らしていく

まずは少しずつ体を1日1食でも無理が生じないように慣らしていく必要があります。

なので最初は昼食を抜いて朝食と夕食の1日2食から始めてみましょう。

そして昼食を抜く事に慣れてきたら今度は朝食をサラダなどの軽めの食事にしていき、それにも慣れる事が出来たら最終的には夕食のみの1日1食にしていきます。

ちなみに1日1食ダイエットでは基本的には朝・昼・夜のいずれか1食でも構わないのですが、今までに1日1食ダイエットを成功させてきた人の多くが夕食のみ食べてきたという事なので、いつ食事をするか迷っている人はとりあえず夕食にしてみてはいかがでしょう。

2:炭水化物をなるべく摂らない

1日1食ダイエット中は炭水化物をなるべく摂らないようにして下さい。

そもそも1日に1食にするのはダイエットが目的ですのでいくら1食とはいえ、1日に本来、必要なカロリー以上のものを摂ってしまってはそもそも1食にする意味がありませんからね^^;

なので食事の時にはタンパク質を多く含む肉・魚・豆腐などを摂取して筋肉を維持して代謝が落ちないように気をつけましょう。

他にもビタミン・ミネラル・食物繊維を含む野菜や果物を摂取して身体の代謝を促進する事でカロリー制限に加えてさらにダイエット効果が期待出来ます。

3:カフェインとアルコールは原則禁止

1日1食ダイエット中は炭水化物以上にカフェインとアルコールの摂取は原則禁止してください。

というのもカフェインもアルコールも空きっ腹の時に摂取してしまうと胃と肝臓への負担が非常に大きいんですね。

また、食後の満腹状態でもいずれも利尿作用が高く、体内のビタミンやミネラルを体外に排出してしまい、ダイエット効果が薄まってしまいます。

4:水分補給をする

水分を補給する事で空腹感を紛らわすという目的もありますが、それ以外にも体内循環を促して代謝を上げると共に便秘の改善効果も同時に期待出来ます。

ちなみにこの時の水分補給の目安量としては1日2リットルだといわれていますので、参考にしてみて下さい。

1日1食ダイエットは便秘改善出来る?

1日1食ダイエットでは健康や若返り以外にも便秘改善効果も期待が出来ます。

「え?食べる量が増えるから逆に便通が悪化するんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、実は必ずしもそういうわけではありません。

これは人が食べ物を完全消化して排出するまでに18時間かかるといわれており、胃を空っぽにする事で「モチリン」という胃腸を収縮させる作用がある成分が分泌されて同時に腸も収縮して消化管内の食べ物のカスなどを奥へと送り排泄を促進するからなんですね。

通常の1日3食では18時間も食間を空ける事は難しいですが、1日1食ダイエットなら18時間を空けられるので完全消化も可能です。

1日1食ダイエットには青汁がおすすめ!

1日1食ダイエットでは青汁を飲む事をおすすめしています。

というのも1日1食ダイエットの食事では、

低カロリー
高タンパク質
高ビタミン
高ミネラル
満腹感

などが求められますが、青汁なら「高タンパク質」以外のすべての要素を満たす事が出来るんですね。

具体的には、

低カロリー:1杯:10kcal程度
高ビタミン・高ミネラル:野菜・果物の栄養価が豊富に含有
満腹感:食前に摂る事で食物繊維が胃に留まり満腹感を刺激

となっているので食事をする時にはぜひ、飲んでみて下さい。

おすすめの青汁とは?

さてそんな1日1食ダイエットにおすすめの青汁ですが、残念ながら多くの青汁ではビタミンやミネラルや食物繊維は摂取出来てもタンパク質まで摂取出来るものはなかなかありません。

ですが「スーパーフードの王様」と呼ばれる「スピルリナ」を使った「藻のすごい青汁」なら青汁にも関わらず、本来なら乳製品に含まれるタンパク質も同時に摂取する事が出来るんです。

また、この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「1日1食ダイエットの若返り効果が凄い!青汁で便秘改善も出来る!?」という疑問についてを書いてみました。

1日1食ダイエットでは「正しいやり方」でやる事が求められ、特に「1度の食事でどれだけ栄養を摂れるか」という事が非常に重要になってきます。

これから挑戦しようと考えている方はぜひ、今回の記事を参考にしてみて下さいね。