市販の青汁でおすすめランキング!美味しいので効果が高いのはこれ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは市販の青汁でどれを買えばいいのか迷った事ってありませんか?

青汁と一言でいっても市販の青汁には様々な種類があり、これから青汁を飲み始めようと考えている人からすればどの青汁を飲めばいいのか分からなくて結局、買うのを諦めてしまう事もあると思います。

というか、青汁を始めて飲む時の僕が実際にそうでした^^;

今回はそんな青汁初心者の為に今までに何種類も飲んできた僕の体験からおすすめ出来る青汁を紹介していきますので、青汁を購入する時の参考にしてみて下さい。

ちなみに僕のおすすめの一番の基準は「味」としており、どんなに栄養価が高い青汁でもまずくて長続きしないなら高い効果は期待出来ないと考えているので「苦いのはちょっと・・・」という人には特に見て欲しいです。

市販の青汁でおすすめランキングトップ6

1位:藻のすごい青汁(DIC)

IMG_0126

1位はこのブログでもたびたび紹介してきた「DIC」の「藻のすごい青汁」です。

この青汁の最大の特徴は名前の通り「スピルリナ」という栄養価が極めて高いスーパーフードである「藻」を使っているところですね。

普通、青汁といえばビタミンとかミネラルとか食物繊維などを摂る事が出来るものですが、藻のすごい青汁では野菜の栄養成分以外に本来、肉や魚や乳製品に含まれている栄養成分も摂れるという優れものになんです。

1杯で2度どころか4度くらい美味しい感じですね^^

また、そのスピルリナも100%、DICの自社ファームで管理しているという徹底ぶりで原材料の品質も保証されているので安心して飲む事が出来ます。

そしてなによりもこの青汁は本当に美味しく飲む事が出来るんです。

正直、見た目は青汁の中でもかなり濃い緑色になっていて「これ、絶対ヤバイやつやろ・・・・」と思われますが、味は青汁の苦みもえぐみもなく飲めるのでおすすめです。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

2位:UMIウェルネスの食べる青汁ゼリー(UMI)

img_0243

2位は「UMI」の「UMIウェルネスの食べる青汁ゼリー」です。

この青汁の特徴も名前の通り「青汁ゼリー」という形状ですね。

青汁の多くは粉末状が多い中でこのUMIウェルネスの食べる青汁ゼリーではスティック状のパウチに入っており、いちいち水に溶かす必要もなく本当に飲みやすいです。

また、UMIウェルネスの食べる青汁ゼリーでは青汁利用者が3ヶ月以内に辞めた6割の理由になっている「苦くてまずい」という原因を克服する為に食べやすい青りんご味になっています。

そしてこの青りんご味は口コミでも評判が高く

「青汁とは思えないくらいにおいしくておやつ感覚でついつい食べてしまう」

などと従来の青汁では考えられないような感想もあるくらいなんですね。

ちなみに実際に食べた僕もこの意見には同意見であり、本当におやつ感覚でついつい食べてしまいがちになるので逆に摂りすぎてしまわないように気をつける必要がありました^^;

栄養価としては他の青汁と比べるとインパクトが少なく感じるかもしれませんが、それでもこれ1本でレタス1個分の食物繊維を摂取出来るのでおすすめ出来ますよ。

UMIウェルネスの青汁ゼリーの詳細を公式サイトで確認してみる

3位:乳酸菌が入った青汁(世田谷食品)

img_0229

3位は「世田谷食品」の「乳酸菌が入った青汁」です。

この青汁の特徴はずばり「サービス」です。

というのも僕は今までに何種類も青汁を購入してきましたがこの世田谷食品の乳酸菌が入った青汁が自宅に到着して箱を開けた時が一番、驚かされましたからね。

img_0226 img_0227 img_0228

こんな感じです!

装飾以外にも青汁初心者向けに商品のパンフレットとシェイカーまでお試し購入で付属しているなんて世田谷食品さんは本当に太っ腹ですね^^

ちなみに乳酸菌が入った青汁も日本人の体質に合う植物性の乳酸菌を豊富に含んでおり、野菜の栄養成分以外に乳製品に含まれる栄養成分も同時に摂取出来る優れものです。

また、こちらの青汁も味については高い評判を得ており、大人だけでなくて子供でも美味しく飲めるので野菜嫌いの子供にはおすすめですよ。

4位:緑でサラナ(サンスター)

img_0252

4位は「サンスター」の「緑でサラナ」です。

この青汁の特徴は「コレステロールを下げるSMCS」を含んでいるところです。

緑でサラナでは数ある青汁の中でも特にコレステロールを下げる事に特化している青汁であり、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科野菜に多く含まれる天然アミノ酸である「SMCS」を含んだ日本で唯一の特定保健用食品でもあるんですね。

SMCSについては臨床試験で3週間後にはコレステロールが低下する事も確認されており、その効果の高さには驚かされます。

また、気になる味についても「砂糖不使用」「香料不使用」「食塩不使用」「保存料無添加」にも関わらず、青汁というよりもむしろ野菜ジュースに近い味であり、美味しく飲めました。

さらに形状も缶になっており、1日2缶程度でコレステロール低下効果が期待出来るといわれているのでいちいち粉末を水に溶かしたりしないでもそのまま飲めるところもおすすめですよ。

サンスターの緑でサラナの詳細を公式サイトで確認してみる

5位:長命草の青汁(資生堂)

img_0210

5位は「資生堂」の「長命草の青汁」です。

この青汁の特徴は名前の通り「長命草」を使っているところでしょう。

長命草とは最近、話題の「スーパーフーズ」と呼ばれる栄養価の高い食品の1つであり「1株食べれば一日長生きする」という言い伝えから「長命草」と呼ばれるようになったそうです。

また、気になる栄養価については多くの青汁に含まれる「ケール」と比較しても圧倒的にバランスが優れており、食物繊維はキャベツの5倍の量を摂取する事が出来ます。

他にも長命草の青汁では健康と同時に美容を求める人の為にポリフェノールも豊富に含んでおり、その量はゴーヤの8倍になるともいわれていて、これは長命草以外の沖縄野菜である「ニシヨモギ」「ゴーヤー」「野菜パパイヤ」と比べても圧倒的な量なんですね。

健康だけでなくて美容にも配慮されているところは流石は資生堂という感じですよね^^

味については若干、長命草?のせいなのか独特なものを感じましたが青汁のえぐみとか苦みとかではなく毎日、無理せず飲めるものではありますのでおすすめ出来ますよ。

6位:よくばり青汁(DHC)

img_0165

資生堂に続いて美容品で有名な「DHC」が販売している「よくばり青汁」が6位です。

この青汁の特徴は「通常の青汁の栄養価に加えて乳酸菌・長命草・ゴマの栄養価を合わせて摂れる」という事でしょう。

資生堂の長命草の時と同様にこのよくばり青汁でも健康以外に美容の面でも配慮されている点は流石はDHCといえますね。

また、原料となる大麦若葉については100%国産のものを使用しており、収穫後すぐに加工を行なうという「鮮度保持製法」により大麦若葉の栄養価を最大限、そのまま摂れるように作られている事から他の青汁と比べても濃い目の青汁になっています。

正直、見た目だけでいえば「これやばそうだな・・・・」とも思えますが、そこはさすがにDHCのよくばり青汁という事で見た目に反して青汁のえぐみも苦みもなく、毎日、無理をしないで美味しく飲む事が出来るのでおすすめですよ。

7位:すっきりフルーツ青汁(株式会社メディアハーツ )

@コスメの美容サプリメント部門で口コミランキング1位に輝いた事があるという株式会社メディアハーツ が販売している「すっきりフルーツ青汁」が7位です。

この青汁の特徴はずばり「高い実績と本当に飲みやすいフルーツ青汁」という事でしょう。

というのもすっきりフルーツ青汁は実は2015年には販売されていた商品でしたが、その商品が2017年の今でもモンドセレクションで受賞をしているんです。

ネット上で販売されている青汁って新しい種類の青汁がどんどん販売されているので、販売時期が古い青汁が生き残るのって正直、かなりきついと思うんですよね。

それでも今もこれだけ話題になっているすっきりフルーツ青汁は健康効果以外にダイエット効果も合わせて期待出来るので、若い女性にもおすすめ出来る青汁です。

→すっきりフルーツ青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「市販の青汁でおすすめランキング!美味しいので効果が高いのはこれ!」について書いてみました。

冒頭でも書きましたが、青汁初心者にとっては市場に溢れている青汁のどれを買えばいいのかわからなくて迷う事って結構、あると思うんですよね。

しかも青汁も30日分で販売している場合には3000円とかそれなりの値段になるので、出来るだけ失敗は避けたいですよね。

なので、これから青汁を飲んでみようと思っている人はぜひ、今回の記事を参考にしてみて下さい。