寒冷蕁麻疹の原因と対処治療法を紹介!完治するまで対策してみて!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「寒冷蕁麻疹」という症状をご存知でしょうか?

寒冷蕁麻疹は寒い時期に起こりやすい症状なんですが、実は意外とその存在を知らない人が多くいる症状でもあります。

そこで今回はそんな寒冷蕁麻疹の原因と対処治療法を紹介していきますのでもしも身に覚えがある人はぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも寒冷蕁麻疹とはなんぞ?

まずは簡単に寒冷蕁麻疹について説明していきます。

寒冷蕁麻疹とは「寒さがきっかけで起こる蕁麻疹」の事をいい、秋から冬の寒い時期に多く報告されています。

症状としては「蕁麻疹」とあるように

赤くなる
痒くなる
腫れる

などと通常の蕁麻疹と同様のものであり「鳥肌かな?」と思ったら実は寒冷蕁麻疹だったという報告もありますので、これらの症状が長引く場合には寒冷蕁麻疹を疑ってみるといいでしょう。

また、発症する箇所としては全身性と局所性があり、それぞれ全身か局所的に寒さを感じると蕁麻疹が発症するというものになっています。

寒冷蕁麻疹の原因とは?

さてそんな寒冷蕁麻疹の主な原因としては「急激な温度変化」が挙げられています。

例えば、寒い時期にお風呂に入った後で体温が上がった状態で寒い脱衣場に出ると体温が急激に下がってしまったという事でも充分に原因としては考えられるんです。

他にも

冬の朝に冷たいフローリングを歩いた時に足に出る
プールサイトで日光浴をした後に冷たいプールに飛び込んだ
冷たいものを食べた

などの状況で発症するともいわれており、名前の通りに秋から冬の寒い時期に多い寒冷蕁麻疹ですが実は夏でも発症する可能性としては充分にありえます。

そしてこれは急激な温度変化が起きた時に人の体内では肥満細胞から「ヒスタミン」という物質が体外に排出される事でこのヒスタミンが放出される際に血管内にある血漿を排出して皮膚に赤みや腫れが生じてしまうんですね。

また、皮膚のかゆみについてもヒスタミンが神経を刺激する事により起こりますので急激な温度変化には注意が必要です。

お風呂の出た後の温度変化ですら寒冷蕁麻疹が発症する場合がありえる程に僕達の本当に身近にある存在だったんですね^^;

寒冷蕁麻疹になりやすい人とは?

寒冷蕁麻疹は

寒がり
鳥肌が立ちやすい
汗っかき
冬に過剰に厚着をしてしまう

などの人がなりやすいといわれており、これらに該当する人の場合には特に急激な温度変化には気をつけてみてください。

寒冷蕁麻疹の対処治療法とは?

1:温める

寒冷蕁麻疹の症状が出た時にはまず「身体を冷ます事を避けて温める事」を考えてみてください。

通常の蕁麻疹の場合には冷やす事により、症状の緩和が期待出来ますが寒冷蕁麻疹の場合には冷やしてしまうと逆効果になるのでまずは温めます。

なのでなるべく秋・冬の時期には室外を避けて空調が効いている室内に長くいるようにしてみて下さい。

ただしこの時にも身体を温める為に過剰に厚着をしてしまうと暖房が入っている室内では汗をかいてしまい、その汗が冷たい冷気に触れると身体を冷ます事になってしまうので予定に合わせた服装にしてみるといいですね。

2:温度変化を抑える

続いて紹介するのは「急激な温度変化を抑える」という方法です。

先ほども紹介しましたが寒冷蕁麻疹はお風呂から出た後の脱衣場で体温が下がる事も原因になりうるので、ヒーターなどで脱衣場の室温をあらかじめ上げたりガウンなどを着てから脱衣場に出るなどをする事で急激な温度変化を防ぐ事が出来ます。

他にも日常的に外でジョギングをしている人の場合はスタート地点とゴール地点は空調が効いている室内から走り始めるようにすると温度変化を抑えられていいみたいですね。

冬の時期に急激な温度変化があると「冬バテ」という症状が現れる可能性もありますので、こちらも合わせて読んでみて下さい。

「冬バテの症状とは!?2つの原因と対策解消方法を超分かりやすくチェック!」の記事はこちらから。

3:乾燥肌を防ぐ

次に紹介するのが「乾燥肌を防ぐ」という事です。

というのも乾燥肌の人は皮膚が弱い事から寒冷蕁麻疹になりやすい傾向にあるからなんですね。

乾燥肌の人は「野菜不足」「ストレス」「運動不足」などが原因だといわれていますので「バランスのいい食事」「ストレス発散」「適度な運動」を気をつける事で乾燥肌を内面から解決していくといいですね。

4:薬を使う

上記の対処方法を行なっても症状が快方に向わない場合には「薬を使う対処治療法」があります。

これは寒冷蕁麻疹の原因であるヒスタミンの放出を抑制する抗ヒスタミン薬というものであり、服用する事でかゆみや赤みや腫れなどの諸症状を抑えられます。

ただし薬を使う場合にはまず、原因が本当に寒冷蕁麻疹によるものかどうかを特定する必要があるので病院で医師による診断を受けてみる事をおすすめしますね。

抗ヒスタミン薬の場合には副作用として眠気が生じる場合もあり、服用後は車の運転を避けるように説明がある事もありえますので、日常的に車を運転している人の場合には診察時にその事を伝えてきちんと説明を受けるようにしてみて下さい。

寒冷蕁麻疹のおすすめの予防対策とは?

寒冷蕁麻疹の予防対策としてはこれまでに紹介してきた方法以外にも「青汁」がおすすめです。

というのも青汁には豊富なビタミンやミネラルを含んでおり、通常の蕁麻疹の様なアレルギー症状を抑える体質改善の効果が期待出来るからなんですね。

生まれ持ったアレルギー体質というのは容易に改善出来ませんが、それ以外の場合にはきちんとビタミンやミネラルなどの栄養を摂取する事で身体の機能を整えれば改善出来るものも沢山ありますので、通常の蕁麻疹の場合にも青汁によるアレルギー改善は推奨されているんです。

特に青汁によるアレルギー改善は昔から行なわれる民間療法として有名で「薬を使わずにアレルギーを治したい!」という人を対象に行なわれていたんですね。

おすすめの青汁は?

さてそんな青汁についてはたくさんの種類があり「いったいどの青汁を飲むのが一番、寒冷蕁麻疹に効果があるんだろうか?」と思うかもしれません。

実際に僕も始めて青汁を買う時にはかなり慎重になって商品の選定をしましたからね。

なので「青汁購入で失敗したくない!」と思うのはわかりますが、青汁にも色々な種類があり、

成分
値段
製法
原材料

なども全然、違ってきます。

なのでもしも既にあなたが特定のメーカーの商品を希望していたり、効能効果とか原材料とかをある程度、決めている場合には商品パッケージにそれらが書いてある商品をそのまま購入すればいいと思います。

しかし、あなたが青汁初心者でとりあえず健康の為に飲み始めたいと思っているのなら僕は「藻のすごい青汁」をおすすめします。

この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「寒冷蕁麻疹の原因と対処治療法を紹介!」についてを書いてみました。

これから本格的に寒くなるにつれて寒冷蕁麻疹になる人も増えてくるでしょうが、まずは「温める」という事を考えてなるべく温度変化が起きないようにして蕁麻疹が発症した箇所を爪でかきむしって皮膚を傷つけてしまったりしないように気をつけながら、日々の生活から変えてみる事からぜひ、やってみて下さい。