咳が止まらない夜の対処法はこれ!原因は風邪と病気だった!?

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「夜、咳が止まらなくて困った事」はありませんか?

風邪や病気にかかると出る咳は日中でもしんどいのに「これから寝るぞ!」っていう夜に出るとなかなか寝れなくなって本当に辛いですよね^^;

そこで今回は咳が止まらない夜の対処法を紹介していきますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも咳とはなんぞ?

まずは簡単に咳について説明していきます。

咳とは「のどや気管を外部から侵入してきたほこりやウィルスや煙などから守る為の防御反応」であり、身体が本能的に行なう行為をいいます。

なので風邪をひいた時にはウィルスや細菌が粘膜に取り付いており、それらを体外に輩出する為に咳が出るようになるんですね。

なぜ咳が夜、止まらないのか?

そんな咳が日中ではなく夜に止まらない場合には4つの理由が考えられますので、それぞれの原因を紹介していきます。

1:副交感神経の活発化

人の身体には僕たちの意思とは無関係に身体が自動的に制御している神経があり、それらを「自律神経」と呼びます。

自律神経は身体を興奮状態にさせる「交感神経」と身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つで構成されており、人が寝る時には副交感神経が優先的に働きます。

しかし、この副交感神経が寝る時に優先されて筋肉を緩めてしまう事により、呼吸をする為に必要な気道周辺がふさがれてしまって痛常時なら気にならない空気の通過でも粘膜が過敏に反応して咳が出てしまうんですね。

2:アレルギー反応

夜、寝る時に羽毛布団を利用している人もいると思いますが、実は布団に付着しているダニやほこりによるアレルギー反応が原因で咳が止まらなくなる事があります。

これらは日中に限らない事ですが、布団などの身近にあるものが原因だとは気づかずにそのまま使い続けてしまう人もいるので身体は健康なのに夜、咳が止まらない時にはアレルギー反応も疑ってみるといいですね。

3:鼻水が気道に流れ込む

鼻水が気道に流れ込んで呼吸が苦しくなって咳が止まらなくなる事ってありますよね。

特に夜、仰向けになって寝ている人は体勢的にも鼻水や痰が気道に流れ込みやすく、これらの侵入物による刺激を受けて咳が出やすくなってしまうんです。

4:気道過敏症

ひどい咳が出る風邪や喘息を体験した事がある人に発症しやすい「気道過敏症」という病気があります。

この病気は名前の通り、気道が過敏に反応しがちな症状で少しの刺激でも咳が出やすくなったりしてしまうんですね。

なので風邪が治ったはずなのに夜、咳が止まらない人は実はこの気道過敏症の可能性が考えられますので一度、病院で診察を受けてみる事をおすすめします。

咳が止まらない夜の対処法は?

さてここまで咳が止まらない夜の原因について説明してきましたので、ここからは対処法を紹介していきます。

1:アレルギーの原因を取り除く

先ほど2番目で紹介した「アレルギー反応」が原因で夜、咳が止まらない場合にはずばり、アレルギーの原因を取り除く必要があります。

ただし、この時にまず最初に行なう事としては「自分が何のアレルギーを持っているのかを正確に把握する事」です。

でないともしもダニやほこりによるアレルギーが原因だと思って羽毛布団の使用を辞めても咳が止まらない事もありえますからね。

アレルギーの検査は耳鼻科や内科でも出来ますのでまずは近くの病院に電話で問い合わせをしてみて、聞いてみるといいでしょう。

そして自身のアレルギーが分かった時にはそのアレルギーの原因を取り除くようにしてみて下さい。

2:横向きで寝る

こちらは先ほど3番目に紹介した「鼻水が気道に流れ込む」という原因で「仰向けの人は体勢的にも流れやすい」と話した事からも夜、寝る時の体勢を変える必要があります。

そして最も鼻水が気道に流れにくい体勢は横向きだといわれており、体勢を変えるだけでも効果がある場合もありますので気になる人はぜひ一度、やってみて下さい。

3:寝る前はお酒とタバコは辞める

寝る前にお酒を飲んだりタバコを吸うと夜、咳が止まらなくなるといわれています。

始めて聞く人からすると少し意外に思えるかもしれませんが、実はお酒を飲むと筋肉が弛緩してしまう事で気道を狭めてしまい、少しの刺激でも反応して咳を起こしてしまうんですね。

また、タバコの場合には気管を細くする作用によりこちらも少しの刺激でも過剰に反応して咳を起こしてしまいます。

僕も以前はよく夜、寝る前にお酒を飲んでいましたが、タバコはともかくまさかお酒が原因で夜、咳が止まらないとは思わなかったですね^^;

4:マスクの着用

夜、寝る時にマスクを着用する事により「空気中の細かいほこりを吸わずに済む」「口腔内の乾燥を防ぐ」などの効果が期待出来るので咳を防ぐ事が出来ます。

しかし「マスクを着用したまま寝ると息苦しい」と抵抗がある人の場合には代わりに加湿器を設置する事をおすすめします。

というのも乾燥した空気を吸い込むと喉も乾燥してしまい、咳が出やすくなってしまうので夜、咳が止まらないという人はいずれかを利用して乾燥を防いでみて下さい。

5:青汁を飲んでみる

最後に紹介するのが青汁を利用する方法です。

というのも青汁には咳を引き起こす風邪の元となるウィルスや細菌が身体に侵入するのを予防したり、侵入しても体外に排出する効果が期待出来るビタミンやミネラルを豊富に含んでいるからですね。

さらに花粉症などのアレルギー対策としても青汁は利用されており、免疫力を上げるという体質改善効果が期待出来るので自然と咳が出なくなる様になるといわれています。

また、青汁による対処法は昔から「薬を使わずになんとかしたい」という声から民間療法として行なわれており、実績もあります。

もちろん。本当に咳が止まらなくて今すぐなんとかしたいと考える場合には病院にいく事をおすすめしますが、先ほども話した「体質改善」を期待する場合には青汁の方がおすすめですよ。

さてそんな青汁についてはたくさんの種類があり「いったいどの青汁を飲むのが一番、咳に効果があるんだろうか?」と思うかもしれません。

実際に僕も始めて青汁を買う時にはかなり慎重になって商品の選定をしましたからね。

なので「青汁購入で失敗したくない!」と思うのはわかりますが、青汁にも色々な種類があり、

成分
値段
製法
原材料

なども全然、違ってきます。

なのでもしも既にあなたが特定のメーカーの商品を希望していたり、効能効果とか原材料とかをある程度、決めている場合には商品パッケージにそれらが書いてある商品をそのまま購入すればいいと思います。

しかし、あなたが青汁初心者でとりあえず健康の為に飲み始めたいと思っているのなら僕は「藻のすごい青汁」をおすすめします。

この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「咳が止まらない夜の対処法」という疑問について答えてみました。

これから本格的に寒くなるにつれて風邪になる事で咳が止まらなくなる人も増えていきますが、まずは今回、紹介した原因からそれぞれの対処法を行なってもらえれば早くに咳も治まると思いますよ。