青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌なの?ビタミンkがヤバイ!?

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌」って聞いた事があるでしょうか?

青汁といえば豆乳や牛乳以外にも日本酒やビールなどとも組み合わせをされる位に利用範囲が高いものなのに、一体どうしてワーファリンとの組み合わせがダメなのか?という疑問について話していこうと思います。

そもそもワーファリンとはなんぞ?

cc0160124357_tp_v

まずは簡単にワーファリンについて紹介していきます。

ワーファリンとはいわゆる「抗血栓薬」の事をいい、なんらかの病気などで血管中に詰まりを起こす血栓が生じてしまう事を防ぐ為に利用される薬です。

ひょっとすると血栓と聞いてもいまいちイメージが難しいかもしれませんが、例えば心臓で血栓が生じれば「心筋梗塞」であり脳で血栓が生じれば「脳梗塞」と呼ばれるものをいい、これらはいずれも生命に関わる重篤な病気であり、僕達の日常生活にも非常に近いものだといえます。

青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌なの?

cc0160160106_tp_v

そんな青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌だといわれていますが、これは多くの青汁の原材料として含まれる明日葉などに含まれるビタミンkの血液を凝固させようとする効果とワーファリンの相性が悪く、ビタミンkを摂取しすぎるとワーファリンの効果が弱まってしまう事からいわれているんです。

特にワーファリンを服用している人の場合には先ほども話しましたが、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を引き起こす可能性があるので青汁との組み合わせが禁忌扱いされるのも頷けますね。

また、ワーファリンとの組み合わせについては青汁以外にも身近な食品でいうなら納豆も禁忌扱いになります。

納豆に含まれる納豆菌は数ある細菌の中でも特にビタミンkを合成する力が強い事からいわれているんですね。

ただし青汁といってもビタミンkを含む明日葉などを含まず、ケールのみを原材料にしている青汁の場合には飲む事も可能だといわれています。

通常、ワーファリンを服用される時には病院のお医者さんもしくは看護師さんからワーファリンと一緒に組み合わせをしてはいけないものを教えてもらえますので、もしも不安な場合には自己判断せずに専門家に確認をしてみる事をおすすめしますよ。

藻のすごい青汁

青汁におすすめの組み合わせを紹介

cc0160160314_tp_v

さて青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌とされていますが、それ以外の組み合わせについては青汁だけで飲むよりも高い相乗効果が期待出来るといわれいるものもありますので、ここからは青汁とおすすめの組み合わせを紹介していきます。

牛乳

まず最初に紹介する青汁とおすすめの組み合わせは牛乳です。

これは青汁飲みの中ではメジャーであり、青汁を飲んだ事がある人ならばだれでも一度はした事があるのではないでしょうか。

栄養成分的にも牛乳にはカルシウムに始まり「たんぱく質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」などを豊富に含んでおり、そこに元々ビタミンとミネラルを豊富に含む青汁を混ぜるんですから栄養成分的に文句があるわけないですね^^

さらに味も牛乳を混ぜる事によって抹茶ミルクの様になり、普段の青汁に飽きた人もこれならまた一段とおいしく青汁を飲む事が出来ると思うのでおすすめですよ。

また、青汁と牛乳の組み合わせについては

「青汁に含まれている食物繊維が牛乳のカルシウムの吸収を邪魔する」

という噂もありますが、これはあくまでも食物繊維を過剰に摂取した時のみに起こる事であり、そもそも日本人の食物繊維の摂取量については厚生労働省が推奨している数値よりも少ないくらいなので多少、青汁を多めに飲んだところでその様な反応が起こる事はほとんどないので安心して下さい。

実際に僕が青汁と牛乳の組み合わせを飲んだ記事もありますので参考にしてみてください。

「青汁のおいしい飲み方は牛乳割り!味も栄養もおすすめレシピだよ!」の記事はこちらから。

豆乳

続いて紹介するのが青汁と豆乳の組み合わせです。

こちらも牛乳同様にメジャーな組み合わせなので1度はした事がある人も多いと思いますが、それだけ多くの人からの評判も高いという事になります。

豆乳も牛乳同様に豊富なカルシウムを含んでおり、他にも「大豆サポニン」というダイエット成分を含んでいます。

この大豆サポニンには「脂肪の代謝促進」「血中のコレステロールや中性脂肪の排除」「脂肪の吸収阻止」などの効果があるといわれており、青汁の豊富なビタミンや食物繊維と同時に摂る事でさらに高い効果が期待出来るのでダイエット目的の人にもおすすめですよ。

ちなみに僕は味も含めて青汁と牛乳の組み合わせが一番、好きですね^^

こちらも僕が青汁と牛乳の組み合わせを飲んだ記事を書いていますので参考にしてみてください。

「青汁のおすすめの飲み方は豆乳割り!味も効果も抜群だからやってみて!」」の記事はこちらから。

ビール

最後に紹介するのが青汁とビールの組み合わせです。

牛乳とか豆乳は僕も以前から知っていましたが、まさかビールの組み合わせがあるなんて夢にも思わなかったので始めて聞いた時には

「え!マジで!?」

って感じで驚いたのを今でも覚えていますね。

しかしこの青汁とビールの組み合わせはどうやら青汁業界では有名らしく、青汁を購入するとついてくる「青汁レシピ」の冊子にもきちんと書いてありました。

ちなみに僕も前に青汁とビールの組み合わせをしましたが、その時にはビールの量が少なかった事が原因で散々なものとなってしまい「半端な炭酸水みたいなもの」を作り出してしまいました^^;

なのでもしもあなたがお酒好きで青汁とビールの組み合わせを考えている場合には

「ビールの量は多めに。350よりも500の方がいいと思う」

という事をぜひ、参考にしてみて下さいね。

僕が実際に青汁とビールで飲んだ時の記事も書いていますので見てみてください。

「生青汁のおすすめの飲み方はビール割りってマジ?味はうまいのかまずいのか?」の記事はこちらから。

まとめ

今回は「青汁とワーファリンの組み合わせは禁忌なの?」という事について答えてみました。

ワーファリンは処方される時にきちんと組み合わせについてもきちんと説明を受けると思いますが、それだけ重要な事なので気をつけて下さいね。