青汁が悪玉コレステロールを下げる食べ物におすすめの理由はこれ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「青汁が悪玉コレステロールを下げる」って聞いた事があるでしょうか?

最近の健康ブームでテレビや雑誌でもよく悪玉コレステロールを下げる方法が紹介されたりしている事からも1度は目や耳にした事があると思いますが、そんな悪玉コレステロールを下げる食べ物として実は青汁の効果が期待出来るんですね。

そこで今回はそんな「青汁が悪玉コレステロールを下げる食べ物におすすめの理由」を話していこうと思います。

そもそも悪玉コレステロールとはなんぞ?

tsuch160130520i9a6560_tp_v

まずは簡単に悪玉コレステロールの説明をしていきます。

本来、コレステロールとは人が生きていくうえで必要な脂質であり、ビタミンDの合成や脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなっています。

そしてコレステロールは善玉コレステロール(hdl)と悪玉コレステロール(ldl)に大別して呼ばれており、名前だけ聞くと「悪玉コレステロールはいらないもの!」などと誤解してしまいがちですが、いずれも働きが異なるものであるだけで人が生きていくうえでは必要なものなんですね。

悪玉コレステロールには「血流に乗って体の各所に必要なコレステロールを運ぶ」という働きがあるのですが、これが過剰になると血管内壁にこびりつてしまってそれらが蓄積していくと動脈硬化などの重篤な病気を引き起こす可能性がある事から「悪玉コレステロール」などと呼ばれています。

一方の善玉コレステロールは余ったコレステロールを体外に運び出すだけという体にとってはいい事しかないので善玉コレステロールと呼ばれるのもうなずけますね。

悪玉コレステロールの基準値とは?

pak160130240i9a6753_tp_v

コレステロール値の基準値については空腹時採血により、

悪玉コレステロール値(ldl):140mg/dl以上
善玉コレステロール値(hdl):40mg/dl以下

に該当しなければ正常値だといえます。

しかし、もしも悪玉コレステロール値が基準値より高いとすると先ほども話しましたが、血管内でコレステロールが残留していく事で詰まりを引き起こし動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があります。

悪玉コレステロールが原因による病気については、

心筋梗塞
狭心症
脳梗塞
脂質代謝異常症
甲状腺機能低下症

などが挙げられており、注意が必要ですね。



悪玉コレステロールの増える原因とは?

tsuch160130390i9a6572_tp_v

人の体内では食べ物を消化吸収する為に「酵素」を消費していますが、年齢を重ねるとこの酵素が徐々に不足しがちになっていき、老廃物の排出が鈍くなって体の中に毒素が蓄積していってしまいます。

男性なら30代、女性は50代からコレステロール値が高くなるともいわれていますので、若い時と同じ食事を年齢を重ねても続けているとリスクも高くなる事を把握して食事も変化させていけるといいですね。

青汁が悪玉コレステロールを下げる食べ物におすすめの理由とは?

tc160130290i9a6551_tp_v

悪玉コレステロールを下げる食べ物として青汁をおすすめする理由はずばり「青汁に豊富に含まれるビタミン・ミネラルにより悪玉コレステロールを下げる効果が期待出来るから」です。

青汁とは大麦若葉やケール、明日葉などの緑黄色野菜を原材料にした飲み物であり、3gの粉末一杯で約50~100gの生野菜量に相当するといわれています。

そしてこの青汁には豊富なビタミンやミネラルが含まれており、これらは悪玉コレステロールを体外に輩出する為には必要な栄養成分になるんですね。

また、青汁にはビタミン、ミネラル以外にも血管を丈夫にして血液をさらさらにする効果が期待出来る抗酸化作用の効果がある事からも悪玉コレステロールを下げるのにおすすめをしています。

これは具体的には悪玉コレステロールが血管内にこびりついて体内で発生した活性酵素により酸化されてしまうと血管の柔軟性がなくなって血流の詰まりが起きるのを防いでくれるという事ですね。

他にも青汁には善玉コレステロール値を上げる効果が期待出来るので余ったコレステロールを体外に運び出す機能がより活発化もしてくれます。

青汁って1日に何回飲んでいいの?

tc160130010i9a6565_tp_v

ここまでで青汁に悪玉コレステロールを下げる効果が期待出来るというのはわかってもらえたかもしれませんが、それでは実際に飲む時には「青汁って1日に何回飲んでいいの?」と思うかもしれませんね。

いくら体にいいものだといっても摂りすぎたら逆効果になってしまうかもしれませんので注意が必要です。

僕は今までにいくつもの青汁を飲んできた体験からだいたい一日1~3杯程度が推奨されていると感じましたね。

一番いいのは各商品に推奨の飲み方がありますのでそれに従ってもらうかもしくは製造メーカーに問い合わせをするのが間違いないでしょう。

青汁には豊富な栄養成分以外にも食物繊維も含まれていますが、実はこの食物繊維を過剰に摂取しすぎると人によってはお腹を下してしまったり下痢になってしまうので飲みすぎは気をつけた方がいいですね^^;

悪玉コレステロールを下げるおすすめの青汁とは?

tsuch160130540i9a6568_tp_v

さてそんな青汁についてはたくさんの種類があり「いったいどの青汁を飲むのが一番、悪玉コレステロールを下げるのにいいのだろうか?」と思うかもしれません。

実際に僕も始めて青汁を買う時にはかなり慎重になって商品の選定をしましたからね。

なので「青汁購入で失敗したくない!」と思うのはわかりますが、青汁にも色々な種類があり、

成分
値段
製法
原材料

なども全然、違ってきます。

なのでもしも既にあなたが特定のメーカーの商品を希望していたり、効能効果とか原材料とかをある程度、決めている場合には商品パッケージにそれらが書いてある商品をそのまま購入すればいいと思います。

しかし、あなたが青汁初心者でとりあえず悪玉コレステロールを下げる為に飲み始めたいと思っているのなら僕は「サンスターの緑でサラナ」をおすすめします。

この青汁はコレステロールを下げる野菜由来の天然アミノ酸「SMCS」を含む事で日本で唯一の特定保険用食品こと通称「トクホ」にも認定をされています。

サンスターではブロッコリーやキャベツなどの天然アブラナ科野菜に多く含まれる天然アミノ酸の一種「SMCS」を用いてコレステロールを下げる臨床実験も行なっており、毎日2缶のペースでわずか3週間後にはコレステロールが下がるという結果を発表しました。

僕もこの「緑のサラナ」は飲んだ事がありますが青汁のえぐみもなく若干、リンゴテイストとなっているので無理なくおいしく飲む事が出来ました。

また、多くの青汁のように粉末状ではなくて缶状になっているのでわざわざ水に溶かす必要もなく、持ち運びが便利なところがいいですね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

サンスターの緑でサラナの詳細を公式サイトで確認してみる

まとめ

今回は「青汁が悪玉コレステロールを下げる食べ物におすすめの理由」という事について答えてみました。

特に30代以降は酵素の減少により、悪玉コレステロール値が高くなる傾向があるので見に覚えがある人はまずは今回、紹介した青汁を飲み始めてみる事からおすすめしますよ。