青汁の水溶性と不溶性食物繊維の効果の違いを超わかりやすく解説!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

突然ですがあなたは「青汁の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維」って聞いた事があるでしょうか?

青汁といえば野菜や果物に含まれている豊富なビタミンやミネラル以外に食物繊維も摂取出来る事で有名だと思いますが、実はこの食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があるんですね。

そこで今回はそんな「水溶性食物繊維と食物繊維の効果の違い」という疑問に答えていこうと思います。

そもそも食物繊維ってなんぞ?

tsuruno27_tp_v

食物繊維と聞くとなんとなく

「体に良さそう!」
「ダイエット効果が期待出来そう!」

などのイメージがあると思いますが、実際に食物繊維には腸の働きを活性化させたり血糖値の上昇を抑える効果が期待出来るといわれています。

ちなみに食物繊維も今でこそいいイメージばかりですが、かつては摂取しても特に意味がないものだと思われていました。

しかしその後の調査で「食物繊維の摂取量が少ない地域は大腸がんが多い」という事がわかり、食物繊維の働きについて改めて見直される様になったんですね。

食物繊維も昔は苦労したんだなぁ・・・・

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の効果の違いとは?

ここからは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のそれぞれの特徴を紹介していきます。

水溶性食物繊維の効果とはなんぞ?

水溶性食物繊維とは名前の通りに水に溶けやすい食物繊維であり、水と一緒になる事でゲル状になるものをいいます。

ちなみに青汁の原材料には「難消化性デキストリン」と書かれているものが多くありますが、この難消化性デキストリンというのも水溶性食物繊維の一種なんですね。

そんな水溶性食物繊維の効果としては、

ダイエット効果
便秘解消効果
腸内環境改善効果

などが挙げられています。

ダイエット効果とは?

水溶性食物繊維は水と一緒になる事でゲル状になり、消化期間内で食べ物を包み込んでゆっくりと腸内消化と吸収をさせる事で急激な血糖値の上昇と血中コレステロールの上昇を防ぎます。

便秘解消効果とは?

水溶性食物繊維は水と一緒になる事でゲル状になり、硬くなった便とくっついて便に水分を与えて柔らかくして便通の改善をします。

腸内環境改善効果とは?

人の腸内には善玉菌と悪玉菌とその他の菌が存在しており、善玉菌の数が悪玉菌の数より多ければ腸内環境は良化しますが悪玉菌の数が善玉菌の数よりも多ければ腸内環境が悪化してしまいます。

水溶性食物繊維はそんな善玉菌の繁殖をさせる栄養となるので腸内環境の良化を促します。

また、腸内環境が良化して腸内の働きを活性化させる事で便通の改善にもつながりるんですね。

不溶性食物繊維の効果とはなんぞ?

不溶性食物繊維とは名前の通りに水に溶けない食物繊維であり、消化器内では水分を吸収して膨張するものをいいます。

そしてそんな不溶性食物繊維の効果としては、

ダイエット効果
腸内環境改善効果

などが挙げられています。

ダイエット効果

不溶性食物繊維には先ほども話したとおり、消化器内で水分を吸収して膨張する事で満腹中枢を刺激するので無理なく食事量を減らす事が出来るんです。

腸内環境改善効果

不溶性食物繊維が膨張する事により、腸が刺激を受けて働きが活性化され便を体外に排出してくれます。

また、不溶性食物繊維は腸内の悪玉菌の分泌した有害物質も吸収して便として体外に輩出されるので大腸がんなどの重篤な病気の予防にもつながるんですね。

青汁は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はどっちが多いの?

tsuruno17_tp_v

よく青汁には「食物繊維がいっぱい摂れる!」などと宣伝文などに書いてありますが、この食物繊維とは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のいずれの事をいっているのでしょうか?

結論からいえば多くの青汁に含まれているという食物繊維とは水溶性食物繊維の事をいい、これは青汁の製造過程に生じる生野菜から青汁を「搾る」という工程後に商品に残るのが水溶性食物繊維であり、搾りカスの方に不溶性食物繊維が残ってしまうからなんですね。

なので青汁商品の宣伝文に書かれている食物繊維といえば、そのほとんどが水溶性食物繊維であると思ってもいいでしょう。

ただし、一部の青汁商品ではその製造過程を工夫する事により、不溶性食物繊維を含んだものもありますので「水溶性食物繊維だけではなくて不溶性食物繊維も欲しい!」という場合には商品のパッケージを見てみて記載があるかを確認するかもしくは製造メーカーに問い合わせをすれば教えてもらえると思いますので電話で確認してみる方法があります。

食物繊維って1日に何g摂取すればいいの?

tsuruno23_tp_v

さてそんな食物繊維ですが「1日に何g摂取すればいいのか?」という事はご存知でしょうか?

以前の記事では「健康を維持する為に必要な生野菜の量は成人は350g以上」だと話しましたが、2015年に厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準」では一日の目標量が

成人男性:20g以上
成人女性:18g以上

とされていて、これを具体的にいうとキャベツ一個分になります。

そして平成26年に行われた国民調査の結果によると実際に摂取している食物繊維量は男女共に10~30代までが約12gであり、全世代の中で最も野菜を摂取していそうな50代以降にしても約16gという結果で国の推奨値には届いていませんでした。

まさかそんなに摂取出来ていないとは思わず、これには結構、驚かされましたね・・・・・

しかしだからといって食物繊維の推奨量を摂取する為に毎日、キャベツ一個を食べるのは経済的にも時間的にも精神的にもとても難しいと思います。

少なくとも僕には無理ですね^^;

なのでそのような人には青汁による食物繊維の摂取がおすすめです。

青汁によって量は変わってきますが青汁一杯でだいたい14g程度の食物繊維が摂取出来るといわれていますので、時間も手間もかけずに一日に必要な食物繊維の7割は摂れる事になりますからね。

水溶性食物繊維の豊富な青汁とは?

tsuruno14_tp_v

ここまで話を聞いて

「青汁が効率よく食物繊維を摂れるのはわかったけど、どの青汁がいいのか種類が多すぎてわからない!」

という人はまず、原材料に「大麦若葉」を使用している青汁から選んでみて下さい。

大麦若葉は食物繊維を豊富に含んでいる原材料として有名であり、多くの青汁でも使われているくらいにメジャーなものですが中にはケールのみの青汁などもありますのでそこは確認しておいた方がいいですね。

ただし、青汁をまだ飲んだ事がない人からしたらそれだけではなかなか決められないと思いますので、その様な人には僕は「藻のすごい青汁」をおすすめします。

「藻のすごい青汁」は大麦若葉を原材料に使用していると共に難消化性デキストリンこと水溶性食物繊維も含んでおり、さらに「スピルリナ」というスーパーフードまで使用しており、このスピルリナにも食物繊維が含まれている事から他の青汁以上に食物繊維が期待出来る商品なんですね。

また、この青汁は値段、味、成分、原材料のいずれも今まで飲んだ青汁の中でもピカイチだと思っていますので、まずはこの青汁から1度、飲んでみる事を提案しますね。

ちなみに僕が一番、意識するのは「味」の部分ですが、この青汁は本当に毎日、抵抗なく飲む事が出来たのがおすすめする理由です^^

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。

まとめ

今回は「水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の効果の違い」について答えてみました。

食物繊維ってなんとなく体にいいものという事は知っていたと思いますが、実は食物繊維にも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがあるという事は意外と知られていないのでこれを機に知って今後の参考にしてもらえたらなと思います。