冬季うつ病の3つの対策をチェック!症状と効果的な予防方法はこれ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は冬季うつ病におすすめの予防対策方法を紹介していきます。

ひょっとすると冬季うつ病と聞いてもピンとこないかもしれませんが、実はうつ病には季節性による原因が元で発症する「季節性感情障害」というものがあります。

そういわれてみると確かに夏と比べると冬の方が夜もすぐ暗くなるし寒い事から気持ちも落ち込む気がするとは思っていましたが、やはり環境による影響もあるんですね。

もしもあなたの周囲にも冬季うつ病で悩んでいる人がいましたらぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも冬季うつ病の症状とはなんぞ?

まずは簡単に冬季うつ病の原理について紹介していきます。

冬季うつ病とは「「季節性感情障害」と呼ばれる節によって感情に著しく影響を受けるものの1つであり、別名を「ウインターブルー」」といいます。

この冬季うつ病の症状としては

だるさ
過食
過眠

などが代表的であり、普段なら充分な睡眠時間を摂っても冬季うつ病の場合にはいくら寝ても眠気がとれないなどがあります。

冬季うつ病では本来、太陽光を浴びる事で作られる人の正常心を保つ為に必要な「セロトニン」というたんぱく質が秋から冬にかけて日照時間が短くなるにつれて、生成が減少する事が主な原因だといわれていますね。

冬季うつ病の3つの対策をチェック!

ここからは冬季うつ病に効果的な予防対策方法を紹介していきます。

1:自宅を明るくする

冬季うつ病の主な原因は日照時間の短縮によるセロトニン不足です。

本来なら自然の太陽光を浴びる事が一番いいのですが、これが出来ない場合には自宅の中を明るくするようにするだけでも冬季うつ病には効果があるといわれています。

これは専門の治療として「高照度光療法」とも呼ばれるものであり、さすがに専門施設の様な光の強さを準備するのは難しいですが、冬の時期には新しい電球に変えてみるなどでもいいですね。

2:運動をする

「運動をすると気持ちが晴れる」というのは誰でも1度は体験した事があると思います。

冬季うつ病の対策としても運動をする事は効果的だといわれており、これは気持ちを落ち着かせる脳内物質の1つである「ドーパミン」が分泌されてネガティブな考えを抑えてくれます。

3:生活習慣を見直す

うつ病のが原因には生活習慣の乱れが挙げられており、

喫煙
ストレス
野菜不足
暴飲暴食

などの日々の行動が身体に負担をかけ続ける事からうつ病という形で表に出てしまうんでしょうね。

そんなうつ病の予防としてまずは普段の生活習慣を見直す事だけでもある程度の予防につながるといわれており、ビタミンやミネラルを大量に含んだ「生野菜を大量に摂る事」が効果的です。

しかし、この「生野菜を大量に摂る事」については平成25年に厚生労働省が公開したデータでは国が推奨する1日の摂取目標量である120gに20代~60代のいずれの世代でも野菜摂取量が届いていないという結果が出ました。

特にその中でも20代は61g程度しかなく、なんと約半分しか摂っていない事になります。

という事はうつ病を防ぐ為にもまず目指すべく国が推奨する摂取量を達成するには今の2倍は野菜を食べないといけないという事になりますね・・・・

ちなみに僕はお腹の容量とサラダを作る手間と野菜の料金を考えたら、ちょっと無理そうな気がします^^;

そこで僕の場合は現在、青汁を飲む事で1日に必要な野菜摂取量を摂る事にしました。

青汁ならば時間をかけずに一杯飲むだけで済みますので、忙しい社会人でも簡単に野菜を摂る事が出来ますからね。

また、僕が飲んでいる「藻のすごい青汁」なら通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけで50種類以上の栄養と乳酸菌を同時に摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。