脳幹出血の症状と原因とは!?死亡率と後遺症がヤバイってマジ?

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は脳幹出血の症状と原因について紹介していきます。

ツイッター上で急遽、話題になっていたので調べてみたら声優の田中一成さんが脳幹出血で死去されたというニュースを知りました。

僕も田中さんが出演していた「コードギアス」や「プラネテス」などのアニメに好きだったので残念に思いましたね・・・・・

そこで今回はこの脳幹出血について書いていこうと思いますので、まだよく脳幹出血について知らない人がいましたらぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも脳幹出血とはなんぞ?

まずは簡単に脳幹出血の原理を紹介していきます。

脳幹出血とは名前の通り「脳内にある中脳・橋・延髄から構成される脳幹のうちの主に「橋」の部分の血管が破れて出血が起こる事」をいいます。

この「脳幹」とは中枢神経を構成する器官集合体の1つであり、

感覚神経
運動神経
自律神経機能中枢

などが存在しており、脳みその中でも特に重要な部位になるんですね。

脳幹出血の症状と原因とは!?

そんな脳幹出血の症状としては

昏睡
呼吸障害
頭痛
めまい
高熱

などが挙げられており、始めに頭痛やめまいなどが起こった後に呼吸障害を引き起こし、昏睡に至るともいわれています。

ちなみに脳幹出血の症状としては脳幹のどこで出血が起こったかにより、症状も変わってくるそうですね。

そして、脳幹出血の原因としては高血圧だといわれており、普段から脳の血管に強い負荷をかけ続ける事が結果として引き起こす事になってしまうようです。

死亡率と後遺症がヤバイってマジ?

脳幹血管は突如として発生するものであり、ものの数分程度で呼吸停止に至ってしまい、そのまま7~8割は死に至るともされています。

数字を見ると極めて高い死亡率に思えますが、発症直後に救急車を呼ぶ事が出来れば、専門の応急処置を施す事により、生存確率も高まります。

しかし、最悪な事態を回避出来た場合でも脳幹は脳神経の多くが集まっている事から手術を行う事が出来ず、言語障害や咀嚼が出来ないなどの明らかに日常生活に支障が出るレベルの後遺症がほぼ100%残ってしまうそうですね・・・

なので脳幹出血の場合は後から治療をするのが難しく、普段からの生活習慣を改めて高血圧を予防する事が重要になってきます。

そして、高血圧を予防するにはビタミンやミネラルを大量に含んだ「生野菜を大量に摂る事」が効果的だといわれています。

しかし、この「生野菜を大量に摂る事」については平成25年に厚生労働省が公開したデータでは国が推奨する1日の摂取目標量である120gに20代~60代のいずれの世代でも野菜摂取量が届いていないという結果が出ました。

特にその中でも20代は61g程度しかなく、なんと約半分しか摂っていない事になります。

という事は高血圧を防ぐ為にもまず目指すべく国が推奨する摂取量を達成するには今の2倍は野菜を食べないといけないという事になりますね・・・・

ちなみに僕はお腹の容量とサラダを作る手間と野菜の料金を考えたら、ちょっと無理そうな気がします^^;

そこで僕の場合は現在、青汁を飲む事で1日に必要な野菜摂取量を摂る事にしました。

青汁ならば時間をかけずに一杯飲むだけで済みますので、忙しい社会人でも簡単に野菜を摂る事が出来ますからね。

また、僕が飲んでいる「藻のすごい青汁」なら通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけで50種類以上の栄養と乳酸菌を同時に摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。