塩分取りすぎたら病気と症状がヤバイ!?一日の摂取量はこれだけ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は塩分を取りすぎたらどうなるかについて紹介していきます。

僕達の普段の食事でも重要な塩分ですが、実は健康に非常に密接に関係してくるものでもあるのでぜひ、この機会に塩分について知っておいしくご飯を食べて欲しいと思います。

塩分取りすぎたら病気と症状がヤバイ!?

まずは簡単に塩分を取りすぎるとどの様な病気や症状が起こるのかを説明していきます。

塩分を取りすぎると血中濃度が高くなるので濃度を下げる為に水分を摂取したくなります。

そして血中濃度を下げる為に大量の水分を摂取する事から血液量が増えて血管内で溜まる事から血流が悪化する事で血圧が上がり、基礎代謝が低下して動脈硬化が進行する影響から

喉の渇き
むくみ
高血圧症
脳梗塞
心筋梗塞
胃がん

などの重篤な症状を招く事があるので塩分の取りすぎには注意が必要です。

一日の摂取量はこれだけ!

さてそれではそんな塩分の一日の摂取量はどれくらいが適切なのでしょうか。

これについては厚生労働省より「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書で

一日の摂取目標量:男性:8,0g未満
         女性:7,0g未満

とされていますが「平成26年度国民健康・栄養調査」によると

実際の一日の平均食塩摂取量:男性:10,9g
              女性:9,2g

などといわれており、1975年の塩分量が14gだった事を踏まえれば大きく減塩している様にも思えますが、まだまだ摂取目標量には遠いところですね^^;

ちなみに欧米のいくつかの国では6g未満を推奨しているところもあるので、そう考えると日本はまだまだ塩分を取りすぎている様にも思えます。

日本の塩分が高い理由には和食が他国の料理に比べると塩を使いすぎているという事もいわれていますが、他にも日本人が塩分の一日の摂取目標量をほとんど知らないという点もあるんではないかと考えられます。

以前に行われたアンケートでは主婦の7割が塩分量を気にしているとは答えているものの一日の摂取目標量を知っていたのはわずか3%しか答えられた人がおらず、どんなに減塩に励んでいるとはいっても推奨数値を知らずに実際に減らす事は難しいと思いますので、まずはきちんと数字を知るところから始めるといいでしょう。

そしてもし塩分を取りすぎてしまった場合には調味料として使う塩の量を減らすように他の調味料で味付けして摂取量を減らすと共にすると同時にウォーキングで汗をかいて体内塩分濃度を下げるようにすると効果的ですね。

他にもカリウムを摂取する事で体内の余計な塩分を輩出するデトックス効果が期待出来るといわれており、このカリウムを効率よく摂取するには青汁を飲む事がおすすめです。

多くの青汁の原材料として使われている大麦若葉やケールにカリウムは豊富に含まれていますからね。

青汁の中でも僕がおすすめしている「藻のすごい青汁」には通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけでカリウムを含む50種類以上の栄養を摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。