青汁が腸内環境を良くするには最強の飲み物!?ビフィズス菌が凄い!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回はおすすめの腸内環境を整える方法を紹介していきます。

ひょっとしたら腸内環境と聞いてもいまいちピンとこない人もいるかもしれませんが実はこの腸内環境って人体の中でも非常に重要なんですよね。

僕も前まではあまり意識していませんでしたが、社会人になってから便通が悪くなってから意識するようになりました^^;

腸内環境の乱れは便通だけでなくて「肌荒れ」「口臭」「疲労感」などにも影響を与える事がありますので、もしもあなたの周囲にも身に覚えがある人がいましたらぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも腸内環境の乱れとはなんぞ?

まずは簡単に腸内環境が乱れる原理について説明していきます。

先ほども話しましたがこの腸内環境はただ便通の良し悪しだけの話ではなく、全身の健康と美容にも深く関係しており、腸内環境の健康状態は腸内に存在する100以上の細菌によって決められます。

この100以上の細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」と「その他の菌」の3種類に大きく分けられ、ビフィズス菌に代表される善玉菌が多い時には腸内環境が整っており、逆に悪玉菌が多い時には腸内環境が乱れているといわれています。

それぞれ善玉菌が多い時には、

身体の免疫力を高める
便通を良くする
美容を促進するビタミンを生成する

悪玉菌が多い時には、

大腸がんや動脈硬化を引き起こしやすくなる
便秘や下痢になりやすくなる
老廃物や毒素が身体に溜まり口臭や体臭が強くなる

などの働きがあり、腸内環境の健康状態が僕達の日常生活にも目に見える形で影響してくるんですね。

青汁が腸内環境を良くするには最強の飲み物!?

さてそんな腸内環境を良くするには食物繊維と乳酸菌の2つの成分が効果的だといわれており、食物繊維は善玉菌の活動と腸のぜん動運動を促進し、乳酸菌は善玉菌を増やし悪玉菌の働きを抑える事が期待出来ます。

そして青汁ならこれら2つの成分が同時に摂取出来るという理由から腸内環境を整えるのに最強の飲み物であると推奨されています。

ただし、青汁の中でも食物繊維と乳酸菌を同時に摂取出来る商品は限られているので腸内環境を整えたいと考えている場合には乳酸菌もきちんと含まれている事を確認しましょう。

ちなみに僕のおすすめとしては食物繊維と乳酸菌を同時に含むだけでなく今、健康食品業界で「スーパーフードの王様」とも呼ばれている「スピルリナ」を使っている「藻のすごい青汁」がいいですね。

この藻のすごい青汁ではフェカリス菌という一般的な乳酸菌と比べてサイズが小さい事から狭い所まで行き届き、健康維持が期待出来ると言われているものが含まれているのもおすすめする理由の1つです。

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめ出来るポイントですよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。