疲れ目に効く食べ物が野菜ってマジ?おすすめの治す方法は青汁!?

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回はおすすめの疲れ目の改善方法を紹介していきます。

現代社会ではデスクワークなどの仕事以外にもPCやスマホを日常的に使っている人が多く、いつの間にか疲れ目になってしまう事もあります。

僕も休日を家で過ごす時にはほとんど一日中、PCからインターネットをしているので結構、疲れ目気味だと思いますので気持ちはわかります^^;

そこでもしもあなたの周囲にも疲れ目で悩んでいる人がいましたらぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも疲れ目とはなんぞ?

まずは簡単に疲れ目の原理について説明していきます。

疲れ目とは名前の通りに目を使い過ぎる事により、目周辺の筋肉の血行が悪くなって緊張を引き起こす状況をいいます。

具体的な症状としては「目のピントが合わない」「目周辺の筋肉が痙攣を引き起こす」「目の奥に痛みを感じる」などといった目周辺の違和感がありますが、悪化する事により目周辺の疲労を全身の筋肉でカバーしようとして肩こりや偏頭痛などの症状を引き起こす事もあります。

疲れ目と聞くと目周辺の疲れを想像しがちですが、そのまま放置すると全身にも影響するとは知らない人も結構、いると思います。

ちなみに疲れ目と似た症状に「眼精疲労」というものがありますが、これらの違いは「目の疲れが休んだら納まるか納まらないか」です。

というのも通常の疲れ目程度なら休憩を挟む事で症状も緩和されるのですが、この眼精疲労では休憩を取った後にも関わらず疲れ目の症状がすぐに出てしまったり継続して発症してしまうものであり、そのような場合には疲れ目から眼精疲労に進展している可能性もありますので注意が必要ですね。

疲れ目に効く食べ物が野菜ってマジ?

さてそんな疲れ目を予防する為には

「休憩をなるべくとるようにする」
「目の周辺の骨部分のツボ押しマッサージ」
「温パックを使って目周辺の血行を促進する」「疲れ目に効く栄養素を摂る」

などが効果的だといわれており、特に疲れ目に効く栄養素としては野菜に豊富に含まれているビタミン類が推奨されています。

具体的には、

ビタミンA:角膜・網膜の細胞を正常に保ち、ドライアイを防ぐ
ビタミンB1・B2:目周辺の筋肉・神経の緊張を和らげる
ビタミンC:水晶体を正常に保つ

などがそれぞれのビタミン類に効果が期待出来ます。

おすすめの治す方法は青汁!?

実は平成25年に厚生労働省が公開したデータでは国が推奨する1日の摂取目標量である120gに20代~60代のいずれの世代でも野菜摂取量が届いていないという結果が出ました。

特にその中でも20代は61g程度しかなく、なんと約半分しか摂っていない事になります。

という事は疲れ目を改善する為にもまず目指すべく国が推奨する摂取量を達成するには今の2倍は野菜を食べないといけないという事になりますね・・・・

ちなみに僕はお腹の容量とサラダを作る手間と野菜の料金を考えたら、ちょっと無理そうな気がします^^;

そこで僕の場合は現在、青汁を飲む事で1日に必要な野菜摂取量を摂る事にしました。

青汁ならば時間をかけずに一杯飲むだけで済みますので、忙しい社会人でも簡単に野菜を摂る事が出来ますからね。

また、僕が飲んでいる「藻のすごい青汁」なら通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけで50種類以上の栄養を摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。