ワキガ防止の秘密は野菜ってマジ?青汁が効果的な飲み物の理由はこれ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回はワキガで悩んでいる人におすすめの改善方法を紹介します。

ワキガといえば体臭の中でも独特な酸っぱい臭いを発する事で周囲にも比較的、気づかれやすく一日でも早く何とかしたいものですよね。

そこでもしもあなたの周囲にもワキガで悩んでいる人がいましたらぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそもワキガとはなんぞ?

まずはワキガの簡単な原理から説明していきます。

ワキガとは主に脇から発せられる強い臭いを指し、運動後の汗臭さとはまた違う臭いで鼻につきやすい臭いから周囲には気づかれやすいという事もあるそうですね。

元々、人間には全身に存在する「エポクリン線」と耳や脇などのごく一部の限られた箇所にのみある「アポクリン線」からそれぞれ汗を出す事により、体温調整や老廃物を体外に出しています。

エポクリン線では99%が水分であり、残りの1%にはアンモニア・尿素・塩分を含みほとんど臭いがない汗を輩出しており、一方のアポクリン線ではたんぱく質・脂質・糖質・アンモニアを含んだ白っぽい粘り気のある汗を輩出しています。

そしてこのアポクリン線から輩出された汗が肌にある常在菌によって分解される事により、ワキガ独特のツーンとした臭いを発するんですね。

ワキガ防止の秘密は野菜ってマジ?

アポクリン線自体は誰にでも存在するものですが、人によって臭いの強さが違う事からワキガの人とそうでない人に分かれます。

この臭いの違いとは遺伝と食生活によるところが大きく、生まれつきアポクリン線の量が多かったり大きい人はワキガになりやすい傾向にありますが、同じ量と大きさでも食事内容によりワキガの人とそうでない人に分かれたりもします。

そんなワキガになりやすい食事内容とは、

肉中心の食事
腸内負担になる食事

をいい、肉中心の食事になるとアポクリン線から輩出する汗には脂質の成分が多くなり、臭いがますます強烈になってしまいます。

また、腸内負担になる食事になると消化や吸収といった体内循環機能が衰える事により、アポクリン線内にワキガの臭いの元を溜め込んでしまう事になります。

ですので、なるべく肉の摂取量を抑えると共に腸内負担を抑える為にも1度に多くの食事量を摂取しない事とあまり夜の遅い時間帯での食事を避けるようにして腸内環境を整える効果が期待出来る食物繊繊維と消臭効果のあるビタミンやミネラルを豊富に含んでいる野菜を多めに摂る事がワキガ防止の為にも推奨されているんですね。

青汁が効果的な飲み物の理由はこれ!

実は平成25年に厚生労働省が公開したデータでは国が推奨する1日の摂取目標量である120gに20代~60代のいずれの世代でも野菜摂取量が届いていないという結果が出ました。

特にその中でも20代は61g程度しかなく、なんと約半分しか摂っていない事になります。

という事はワキガを改善する為にもまず目指すべく国が推奨する摂取量を達成するには今の2倍は野菜を食べないといけないという事になりますね・・・・

ちなみに僕はお腹の容量とサラダを作る手間と野菜の料金を考えたら、ちょっと無理そうな気がします^^;

そこで僕の場合は現在、青汁を飲む事で1日に必要な野菜摂取量を摂る事にしました。

青汁ならば時間をかけずに一杯飲むだけで済みますので、忙しい社会人でも簡単に野菜を摂る事が出来ますからね。

また、僕が飲んでいる「藻のすごい青汁」なら通常の青汁の栄養以外に「スピルリナ」という「スーパーフードの王様」と呼ばれる藻を使っており、これ一杯だけで50種類以上の栄養を摂取出来て僕自身も今では毎日、快便で便秘に悩まされる事はすっかりなくなりました!

青汁と聞くとどうしても苦いイメージもあるかもしれませんが、この藻のすごい青汁は抹茶味で無理なく毎日、飲めるところもおすすめしますよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる。