二日酔いの予防と対処には青汁がおすすめ!気持ち悪いのを早く治そう!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回はお酒を飲めるようになると誰もが1度は体験していると思う辛い二日酔いの対処と予防について書いていきます。

僕自身も大学生の時にまだ自分の飲める限界を知らずに飲み続けて死ぬほど、気持ち悪さと吐き気に襲われたのは未だに覚えていますね。

もう二度とお酒なんか飲まないと決めたのに結局、今も飲んでいますが^^;

そんな辛い二日酔いの対処と予防について書いていきますので現在、二日酔いに悩んでいる人やこれから飲み会で二日酔いになるのを防ぎたいと考えている人はぜひ、参考にしてみて下さい。

そもそも二日酔いとはなんぞ?

まずは二日酔いの原理から簡単に説明します。

二日酔いとは人がお酒などのアルコールを摂取した時に発生するアセトアルデヒドという物質が肝臓で分解・代謝出来る量の限界値を超えて翌日以降も体内に残ってしまった時に生じる事です。

少量のアセトアルデヒドはすぐに分解されてしまうのですが、人によってアセトアルデヒドを分解出来る限界量というものが決められており、その限界量を超えた分が体内の水分を奪う事で一時的に脱水症状に近い状態となってしまって頭痛や吐き気が起こるんですね。

二日酔いの予防と対処に青汁が効く!

さてそんな二日酔いを1度、体験した人なら事前に予防する事が出来ないのかと考えると思います。

僕が当時、行なっていた二日酔い予防としては「事前に牛乳を飲む」という方法をしており、これをする事で胃にたんぱく質の粘膜が張られてアルコールの吸収を抑えられると聞いていたのですが、実は後から調べてみるとコップ一杯程度の牛乳では量が少なすぎて大して効果がないみたいですね^^;

そしてそこでおすすめなのが青汁です。

というのも青汁の多くは「ケール」という緑黄色野菜の王様とも呼ばれるくらいに豊富な栄養素を持つ野菜を主成分にしている事が多く、このケールにはアルコールを分解する酵素を多くしてくれる効果が期待出来るものなので、お酒を飲む前から摂取する事で肝機能を高められるんですね。

他にもケールには「ビタミンU」という胃腸薬にも使われている成分が含まれており、これは胃粘液を増やしてアルコールで荒れた胃腸を回復させてくれます。

ビタミンUは元々、キャベツの絞り汁から発見された経緯から別名「キャベジン」とも呼ばれており、この呼び方ならピンとくる人もいるかもしれませんね。

また、予防していたつもりにも関わらず残念ながら二日酔いになってしまった後でも青汁は効果が期待出来ます。

二日酔いになってしまうという事は先ほども書きましたが脱水症状に近いものであり、体内の水分だけでなくてビタミンやミネラルなども失われている状態ですのでビタミン、ミネラルを豊富に含んだ青汁を飲む事で体内に摂取する事が出来るんです。

そしてそんなケールを国内産のものしか使っていない青汁が「ファンケル 本絞り青汁ベーシック」です。

ファンケルといえば青汁以外にもヘルスサイエンスとしても有名ですが、青汁でも今までに40億杯が飲まれているという驚きの実績を持っているんです。

僕自身も実際に飲んでみましたが、かなりケールを感じられる一品になっていますので1度、飲んでみたいという方には今なら500円から購入も出来ますのでおすすめしますよ。

ファンケル 本絞り青汁ベーシックの詳細を公式サイトから確認してみる