野菜嫌いの大人におすすめの解決方法!健康と美容もこれで大丈夫!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は野菜嫌いの大人におすすめの解決方法を紹介していきます。

子供の野菜嫌いと違って大人の野菜嫌いはなかなか克服出来ないとも言われていますので、もしもあなたや周囲に野菜嫌いの大人がいる場合にはぜひ、参考にしてみて下さい。

どうして野菜が嫌いなのか?

そもそもの話なんですが、どうして野菜嫌いの大人がいるのでしょうか?

というのも子供の時には野菜の苦味や独特の味が理由で野菜が嫌いになるのもわかりますが、さすがに大人になったら多少の事は我慢出来ると思うんですよね。

なので、野菜が苦手だとしても健康の事を考えればやっぱり野菜は摂らないといけないと自然と理解はしているはずです。

それでもやはり野菜嫌いの大人は野菜を食べたがりません。

なぜか?

その理由というのはずばり「子供の時のトラウマ」と「無理して食べる必要がないから」だと僕は考えています。

というのも実は僕もいわゆる「野菜嫌いの大人」と呼ばれる1人であり、僕自身がどうして大人になっても野菜嫌いなのかを考えた結果、先ほどの2つの理由が思い浮かびました。

現在の僕はキャベツやレタスなどの葉物は比較的食べれるのですが、トマトやキュウリやタマネギなどの家庭のサラダに入っているような野菜が未だに苦手で、外食で出されたものを残すのはさすがに抵抗があるので食べますが、家ではほとんど口にしません^^;

特にトマトは未だに抵抗が強く、小学生の時の給食で出されたトマトを無理やり食べさせられて吐いてしまった事をよく覚えており、大人になった今でもどうしても嫌なイメージがあるんですよね。

また、大人になると子供の時と違って親や周囲の大人からも食事についてはあまりとやかく言われなくなり、無理して野菜を食べなくてもよくなる事から野菜離れが加速した様に思えます。

大人が野菜を食べないとヤバイ理由とは?

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、人は野菜を食べる事でこれらの栄養素も供給しています。

しかし、野菜嫌いによりこれらの栄養素が供給されなくなってしまうと体内機能の低下に伴い、

便秘
下痢・柔便
肥満
高血圧
糖尿病
癌リスクの上昇

などの症状につながるといわれています。

特にビタミンAなどは緑黄色野菜から摂取する機会が多く、このビタミンAが不足すると口内炎が出来やすくなったり、皮膚が荒れやすくなったりと皮膚トラブルを引き起こす事が多くなるリスクが高まります。

他にも食物繊維の不足により、便秘気味なってしまう事が考えられます。

これは僕も体験した事がありますが、学生時代には身体を動かしており毎日、快便だったのが社会人になってからは野菜を摂らなくなった事と運動する機会もなくなった事からもびたび便秘気味になっていました。

野菜嫌いの大人におすすめの解決方法とは?

それでは一体、どうすれば野菜嫌いの大人に野菜を摂らせる事が出来るのでしょうか?

それは「本人が野菜嫌いでも栄養を摂取する気を持たせる事」だと考えています。

そして本人にとって一番ストレスがない方法で長く続けられる方法を行なう事です。

ちなみに僕の場合にはどうしても家では野菜を直接、食べる事にストレスがあった為に「青汁を飲む事で野菜の栄養素を摂取する」という方法を選びました。

青汁と聞くと生野菜よりも苦いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近の青汁はほとんど苦味を感じずに飲めるので僕みたいな野菜嫌いの大人でもストレスなく毎日、続けられると思います。

また、青汁のメリットは「時間をかけずに飲める」という事もあり、忙しい会社員の方でも利用出来ます。

ちなみに最近のおすすめとしては「スーパーフードの王様」とも呼ばれる藻を使った「藻のすごい青汁」がいいですね。

「藻のすごい青汁の原材料と成分を徹底紹介!スピルリナとフェカリス菌がヤバイ!」の記事はこちらから。

「藻のすごい青汁(スピルリナ)を飲んでみたレビュー!口コミ評判と味の感想は?」の記事はこちらから。

定額コースだと30日分を初回、1000円で購入出来るうえに一回、購入のみでも休止可能なところもおすすめ出来る一品ですよ。

藻のすごい青汁の詳細を公式サイトで確認してみる