青汁畑の原材料と成分を徹底紹介!美容美肌と便秘解消効果がヤバイ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は前回の記事でも紹介した「青汁畑」の原材料と成分について書いていきます。

以前に書いた青汁畑のレビュー記事では「50万本突破の実績」と「人気サプリメント配合による健康と美容促進効果」について簡単に説明してきましたが、ここではさらに配合されている野菜原材料についても紹介していきますので、これから青汁畑を飲もうと考えいている人はぜひ、参考にしてみて下さい。

青汁畑の原材料は?

大麦若葉・食物繊維、明日葉末、グルコサミン(エビ・カニ由来)抹茶・緑茶、キシロオリゴ糖、Ca・Mg高含有ミネラル素材、胡麻若葉葉末、キダチアロエ末、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、還元麦芽糖

青汁畑の原材料は青野菜の王様と呼ばれる「大麦若葉」「明日葉」「キダチアロエ」「胡麻若葉」の4種類に注目しており、

大麦若葉:有機JAS習得・島根県産・無農薬、無化学肥料で完全自然由来
明日葉:有機JAS習得・農薬未使用の土地で一切の農薬を使用せず、鶏糞・醗酵たい肥を組み合わせた有機栽培法による独自オーガニック育成
キダチアロエ:国内産
胡麻若葉:国内産・鹿児島県産・黒色火山灰の土壌を利用した栽培團場で農薬不使用栽培

とそれぞれ「有機JAS」「国内産」「無農薬」などの徹底管理をしています。

特に有機JASについては

・種まき又は植え付けする2年以上前から禁止された農薬や化学肥料を使用していない
・環境負担を極力、低減した生産方法を利用する
・遺伝子組換え技術を使わない

などの数多くの厳しい項目をクリアすると農林水産大臣の登録を受けた機関から認定をもらう事が出来るものとなっており、青汁の中でもこの有機JASマークを習得した原材料を使っているのは一部に限られている位に習得は難しいものです。

しかし、青汁を飲む側の立場からするとそれだけ厳しい条件をクリアしたものと聞く事が出来れば安心・安全を確認出来ますので助かりますね。

青汁畑の栄養分は?

食物繊維 タマネギ約4.2個分
ビタミンB6  チンゲン菜約4.5束分
鉄分 セロリ約21本分
マグネシウム ニンジン約27.7本分
カルシウム カボチャ約6.9個分
葉酸 バナナ約4.7本分
βカロテン ピーマン約15.6本分

美容美肌と便秘解消効果がヤバイ!

青汁畑では野菜成分以外にも人気美容成分である「ヒアルロン酸」「コエンザイムQ10」「ビタミンC」「グルコサミン」の4種類を配合しており、

ヒアルロン酸:1gで6lもの水分を保持出来る高純度ヒアルロン酸を配合。お肌にハリツヤを保ちます。
コエンザイムQ10:毎日の元気の為に必要不可欠で最も重要な補酵素です。
ビタミンC:メラニンの生成を抑制し、色素沈着を防いでお肌の健康を保ちます。
グルコサミン:本来は苦味が強いものですが、苦味だけを取り除いておいしく飲めるようにしています。

野菜成分と美容成分を摂取する事で美容美肌と便秘解消のいずれでも高い効果が期待出来ます。

青汁といえば野菜成分にはこだわりを見せている商品も多くみられますが、青汁畑のように美容成分も配合している青汁はなかなか見られませんね!

なので健康だけではなくて美容やダイエット目的で青汁畑を飲む人も多くいるそうです。

また、味も少し濃いめのお茶味という事で無理なく毎日、飲めるようになっていますのでこれから青汁を飲み始めようと考えている人にはおすすめです。

青汁畑の詳細を公式サイトで確認してみる。