青汁が原因で下痢や緑色の便になるってマジ?対策と解決策はこれ!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は以前にツイッターでもつぶやいた「青汁の飲みすぎで下痢になったかも!?」という事について調べてみた結果を書いていきます。

青汁が原因で下痢になる原因と対策!

青汁といえば便秘解消の効果があるといわれていますが、実は中には便通が良くなりすぎて下痢になってしまったという人もいます。

僕もいろいろな青汁を飲むようになってから便通が良くなったと思いますが、一時期は下痢ぎみになってしまった事もありましたからね^^;

そこで調べてみたところ、どうやら青汁が原因で下痢になるのは「青汁に含まれている成分」が主な理由という事だったので、その具体的な原因と対策を紹介していきます。

1:食物繊維

青汁ではその主な原材料として大麦若葉、ケール、明日葉などの野菜の中でも特に食物繊維を豊富に含んでいるものが多いですが、過剰摂取する事により便秘解消どころか下痢になってしまうという事がたまにあります。

これは食物繊維中の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類のうちの不溶性食物繊維の腸を刺激して便を排出させる効果が強く出すぎているという事であり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つのバランスが自分の便秘に合わない場合に生じます。

このような時には2つの食物繊維バランスが大きく異なっている事が考えられますのでまずは1度、青汁を飲むのを辞めましょう。

そして飲む量や回数を少し減らしてみたり、青汁を別の物にしてみて下さい。

僕の場合には青汁を別の物に変えてからは下痢もすっかりなくなりましたからね。

2:難消化性デキストリン

難消化性デキストリンとは水溶性食物繊維の一種であり、じゃがいもやとうもろこしから摂れるでんぷんをいいます。

この難消化性デキストリンはコレステロール中性脂肪や血糖値の低下が期待出来るといわれており、多くの青汁にも含まれていますね。

本来でしたら消費者庁からも特定保健用食品(いわゆるトクホ)表示の認可を受ける程の安全性の高さなんですが、こちらも実は大量に摂取すると下痢を引き起こしてしまう事がありますのでもしも飲んでいる青汁の原材料に難消化性デキストリンが上位に書かれている場合は成分比が高い可能性がありますので、難消化性デキストリンが含まれていない青汁から飲み始めてみる事をおすすめします。

3:冷たい青汁

これは青汁に限らないのですが、青汁を冷たいお水で割って飲んでしまってお腹を下してしまったという事ですね。

このような場合には青汁をお湯で割るようにしてみて下さい。

ただし、この時にも暖かいお湯で作ったからといっても1度に大量の水分を摂取しすぎると下痢になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

4:好転反応

青汁を飲み始めた人に多いのですが、これまで大量の食物繊維やビタミンなどを摂取していなかった人が青汁を飲んで摂取するようになった事から体内改善が起こり始めて一時的に下痢になるような事があります。

このように治療により、体内改善を起こす途中で一時的に体調を崩してしまう事を好転反応といいます。

青汁を飲み始めた事により体内の宿便を輩出したり、腸内環境が整備される事から一時的に下痢が生じてしまったりするんですね。

なのでしばらくの間は下痢が続いてしまうかもしれませんが、少し様子を見てみましょう。

ですが、もしもその状態が1週間以上も続く場合は好転反応とは別の原因が考えられるので、飲む量や回数を減らすか青汁の種類を変更した方がいいですね。

青汁が原因で緑色の便になる原因と対策!

青汁を飲んでいるとたまに緑色の便が出てしまって、突然の事でびっくりしてしまう人もいるのではないでしょうか。

僕もいきなりいつもと違う色の便が出たらたしかに驚きますからね^^;

ですが、これは特に健康に異常があるとかではないので安心して下さい。

このように緑色の便が出てしまうのは青汁に含まれているクロロフィル(葉緑素)という色素成分が原因であり、主成分であるマグネシウム以外は体内で吸収されない成分の為にクロロフィルの一部が便と一緒に輩出される事が原因です。

クロロフィルには、

・体臭・口臭・便臭・おならの匂いを改善する
・ヘモグロビンの生成を促し貧血予防と改善
・悪玉コレステロール値を排除して血中濃度を正常にする
・アクネ菌の働きを抑制して美しい肌を作る

などの効果があり、緑色の便が出るときちんと吸収されているか不安になるかもしれませんが、マグネシウム以外の吸収されなかった成分も大腸と小腸の老廃物を一緒に便として流してくれる効果もあるのでちゃんと働いていてくれています。

もしも緑色の便が気になる場合は青汁を飲む量や種類を変えてみるといいですね。

青汁はあくまで健康食品であり今日、明日でいきなり結果が出るようなものではありません。

まずはその事を肝に銘じて青汁を1度に大量に飲むのではなくて毎日、1,2杯程度を目処にのメーカー推奨の飲み方で長い目を持って飲むようにしてみて下さい。

結果を急ぐあまり、一気に飲んだからといっても効果が出るどころか下痢を引き起こしてしまったりと体調不良にもつながってしまいますからね。