青汁のおすすめの飲み方は豆乳割り!味も効果も抜群だからやってみて!

こんにちは。青汁コンサルタントのYUUです。

今回は青汁の豆乳割りを飲んでみた感想を書いていきます。

これから試してみようか迷っている人はぜひ、参考にしてみて下さい。

味はうまいのかまずいのか?

今回は以前に紹介した「極選青汁」をキッコーマンの豆乳500mlで割ってみました。

豆乳が少し多いかなぁとも思いましたが、前回作った青汁のビール割りがビールの量が少なかった事から残念な結果になってしまったのであえて多めにしています。

「生青汁のおすすめの飲み方はビール割りってマジ?味はうまいのかまずいのか?」の記事はこちらから。

IMG_0118(1)

写真を見てもらうと分かると思いますが、見た目は完全に青汁色になっており、泡立ちも水で飲む時よりも明らかに多かったです。

匂いは水割りとあまり変わりませんでしたね。

そして気になる味の方は「なんかスムージーみたいでうまいわ!」という感じでした。

今までに水やビールでも割ってきましたが、僕的にはこの豆乳割りが一番おいしかったですね。

なのでスムージー味を希望される人にはぜひ1度は飲んでみて欲しい飲み方です。

青汁の豆乳割りの効果が抜群!

味だけでなくて青汁の豆乳割りはその効果の面からもおすすめ出来ます。

豆乳といえば、

大豆タンパク:基礎代謝を高める効果を持ち、血中の悪玉コレステロールを低下させて内臓脂肪や中性脂肪を低下させます。
イソフラボン:女性ホルモンに似た働きをする事から女性特有の妊娠や更年期障害対策の効果が期待出来ます。
レチシン:細胞膜をきれいに整えて正常に機能させて新しい細胞を生み出す手助けをします。他にも血管のコレステロールの除去を促して血管を強くします。
サポニン:強い抗酸化作用で血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪などを低減させて若さを維持します。

などの優れた栄養素を持っており、これに青汁を加える事で青汁が元々持っているダイエット効果及び美容効果を潰さないでさらに促進する事から推奨されている飲み方です。

「極選青汁の原材料と成分を徹底紹介!ダイエットと便秘解消効果が凄い!」はこちから。

僕自身も実際に飲んでみて味もおいしくて無理せずに青汁を飲み続ける事が出来ると思えましたのでおすすめです。